巨人・大城、一ゴロも...江本氏は粘りの打撃を評価「いいね」

巨人・大城、一ゴロも...江本氏は粘りの打撃を評価「いいね」

  • ベースボールキング
  • 更新日:2020/11/22
No image

巨人・大城 (C) Kyodo News

SMBC日本シリーズ2020・第1戦
● 巨人 1 - 5 ソフトバンク ○
<11月21日・京セラD大阪>

21日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 巨人-ソフトバンク 日本シリーズ第1戦』で解説を務めた江本孟紀氏は、3回一ゴロに倒れたが粘り粘った巨人・大城卓三の打撃を評価した。

バットを短く持った大城は0-2の3回無死一塁で迎えた第1打席、ソフトバンク・千賀滉大に対し、3ボール2ストライクから6球連続ファウルで粘る。

江本氏は「これ良いね。フォーク、まっすぐもファウルにしている。このファウルは本当に効きますよ。短くもっていけばファウルにできる」と評価。

続く12球目のスライダーを引っ掛け、一ゴロに打ち取られたが、江本氏は「これは価値ありますよ」と話した。

大城は0-2の5回二死走者なしの第2打席は、千賀のストレートをセンター前に弾き返す安打を放った。江本氏は「短く持って徹底して当てにいっているといいますか、ミートしていますよね。センター返しをきっちりしたので、ヒットに繋がったんでしょうね」と振り返った。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加