e-POWERはどこまで進化した?バッテリーの力で走る日産のSUV「キックス」のリアルな評価

e-POWERはどこまで進化した?バッテリーの力で走る日産のSUV「キックス」のリアルな評価

  • @DIME
  • 更新日:2020/11/20
No image

日産「キックス」の売れ行きが好調だ。e-POWERを搭載した新型SUVのレビュー記事を@DIMEから4本を厳選して紹介しよう。

日産「キックス」

価格、デザイン、性能、全てが絶妙なバランスで死角なし!?乗ってわかった日産「キックス」の○と×

No image

日産が進めるクルマの電動化。電気自動車(EV)の「リーフ」に始まり、EVについては9月末に開催される北京モーターショーでは新型クロスオーバーEV「アリア」を初公開する予定もある。またエンジンで発電した電力を使って走る「e-POWER」を搭載するモデルにはコンパクトカーのノートや主力モデルの一つであるミニバンの「セレナ」があり、今回ご紹介する「キックス」は、このe-POWERを採用する3車種目となり、e-POWERを初めてSUVに搭載したモデルとなる。

【参考】https://dime.jp/genre/994064/

電気の力で走る日産のSUV「キックス」に搭載されたe-POWERはどこまで進化した?

No image

今ではノートやセレナのe-POWERで勢いに乗る日産が、流行りのコンパクトクロスオーバーSUVであるジュークの代わりに投入したのが、マーチ同様にタイで生産される”電気で走るSUV”、 最新制御のe:POWERを搭載するキックスだ。ジュークは欧州で新型が発売されているのだが、より日本市場に合ったモデルが、欧州以外、つまりアジアやアメリカ大陸で人気の、事実上のジュークの後継車となるキックスだったというわけだ。

【参考】https://dime.jp/genre/1023587/

DIME読者が体験!乗らなきゃわからなかった日産「キックス」のe-POWERによるスゴい走りと先進技術

No image

安全安心な移動手段として、マイカーの存在が注目される昨今、さまざまな自動車メーカーから、SUVタイプのクルマが怒濤のごとく登場している。特に日本では、取り回し性に優れたコンパクトクラスのSUVが大人気だ。そんな中、今年6月に発売された日産独自の電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した日産『キックス』に熱い視線が注がれている。

【参考】https://dime.jp/genre/1008263/

中高速域の伸びも力強く、キビキビした走りを実現した日産のe-POWER搭載SUV「キックス」

2016年に登場した『キックス』は、『ジューク』と『エクストレイル』の中間に位置するコンパクトクロスオーバーSUVとして海外で販売が開始された。 その後、2020年6月30日より登場した日本仕様は、『ノート』『セレナ』に続き3車種目となる「e-POWER」搭載車であり専用車種でもある。

【参考】https://dime.jp/genre/959429/

文/DIME編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加