「動画を配れば面白い」法廷でわかった河井克行元法相のトンデモ行為と「妻・案里氏とのすれ違い」

「動画を配れば面白い」法廷でわかった河井克行元法相のトンデモ行為と「妻・案里氏とのすれ違い」

  • 文春オンライン
  • 更新日:2020/11/20

「裁判長! 答弁を差し控えます!」

【画像】憔悴しきった素顔の案里被告

10月22日、被告人の男がこう声を張ると、東京地裁の法廷で失笑が漏れた。声の主は、元法相・河井克行被告(57)。この日は妻、案里被告(47)の公判で証人として出廷した。

No image

河井克行被告 ©AFLO

自身も公判中の身であることを理由に証言を拒否する克行被告は、検察側から質問されるたびに「裁判長! 差し控えます!」などと、声を張り上げまともに取り合わなかった。2時間以上にわたり100回を超える証言拒否。その際、「証言」を「答弁」といい間違えたことからも国会議員への未練が感じられた。

案里被告が初当選した昨年7月の参院選で地元・広島の県議や市議、後援会関係者ら支援者総勢100人に計2900万円余りをばらまいたとして、公職選挙法違反(買収)罪に問われた克行被告。うち、5人の計170万円分を共謀したとされる案里被告とともに、夫妻の公判がそれぞれ連日のように東京地裁で開かれている。

夫妻の公判では、河井陣営による“トンデモ行為”が次々に明らかにされている。

自民党候補に対する“ネガティブキャンペーン”

案里被告の10月19日の公判では、陣営の「仕事」を請け負った元秘書であるネット業者の供述調書が法廷内で読まれた。そこで語られたのは、参院選広島選挙区で同じ自民党から立候補し、案里被告と野党候補に負けて落選した溝手顕正氏に対する“ネガティブキャンペーン”だ。

供述調書によると、ネット業者は克行被告の指示で匿名のブログを開設し、溝手氏を支持する自民党広島県連が案里被告をいじめているという記事を書いた。克行被告は自ら内容を逐一チェックしていたという。

克行被告自身の選挙である平成29年の衆院選の際にも同様の工作を行った、と明け透けな調書だった。反対に、夫妻の陣営に対するネガテイブな内容の記事などは検索エンジンで表示されにくくするという工作も行ったという。

さらに「週刊文春」(2019年11月7日号)で案里被告の陣営でウグイス嬢に対する法廷上限を超える違法報酬を支払っていた事件が報じられると、狼狽した様子でネット業者に克行被告が接触してきたという。「流出するとまずい」というデータの削除を依頼されたネット業者の男性は、東京・広島にある克行被告らのパソコン内のデータを削除したと供述している。

克行被告が指示した動画撮影「案里に邪険な態度をとるかも」

10月16日の案里被告の公判では、参院選時に案里被告付きの秘書だった女性元スタッフの証人尋問が行われた。検察側の尋問に元スタッフは「克行被告は溝手陣営からいかに票を取るかと考えていた」と証言した。

定数2の参院選広島選挙区で、当時現職だった溝手氏と案里被告のダブル当選を目指していたはずの自民党。克行被告は配布した現金の趣旨を「買収ではなく党勢拡大活動」とも主張しているが、同じ自民党の溝手氏陣営の支持層の切り崩しに、最も力を入れていたようだ。

元スタッフの証言によると、集会などの会合で溝手氏と案里被告が同席している場合に、克行被告が「溝手氏が案里被告に邪険な態度をとるかもしれないから必ず動画を撮るように」と指示してきたことも明らかになっている。克行被告は「動画を配れば面白いことになる」とも話していたという。

調書には「(克行被告に)現金もらった」後援会幹部も

解任した弁護士らを再び雇い、克行被告の公判も再開している。

被告人質問で本人が話す機会はまだ先になるが、続々と供述調書などが読まれている。これまで克行被告は突然発言したり、独特のスタイルで証言拒否をしたりしていたが、自身の公判が再開してからはノートにメモをするなど粛々と対応する姿も見せている。

11月16日の公判では現金をもらった後援会幹部が、克行被告の衆院選でも現金をもらった、などとする調書が法廷内で読まれた。

一方の案里被告の公判は被告人質問も行われ、大詰めを迎えている。年内には結審し、年明けに判決が言い渡される見込みだ。従来通り「現金配布は買収目的ではなく、お世話になった地元議員への当選祝いや陣中見舞いだった」といった主張を繰り返し、起訴内容を否認している。

一方で、11月17日に行われた被告人質問で案里被告は、“夫婦のすれ違い”も赤裸々に語った。

案里被告が号泣「間違ったお金じゃないかと思った」

案里被告は夫妻の逮捕前に現金買収の報道がなされると「克行被告に疑惑を問いただした」と証言。克行被告は「スタッフの給与だ」などと説明したが、「金額が多すぎる」と言い返すと克之被告が「あんたは知らん方が良い」と応じたという。案里被告は「間違ったお金じゃないかと思った」と、法廷で号泣した。

前述の案里被告付きの秘書だった元スタッフの女性は法廷で「すべての原因は克行被告にある。案里被告は離婚してやり直すべきだ」と言い放つシーンもあった。

永田町からも「異議あり!」の声が聞こえてくる。検察が4月に配布された金を7月の参院選の買収目的と認定していることについて、河井夫妻を擁護する関係者もいる。

「従来の選挙違反事件で買収と認められたのは選挙期間中が中心で、検察の対応は政治活動と選挙運動の線引きを崩壊させている。夫妻はやりすぎで罪に問われるべきだとは思うが、なんでもかんでも選挙目的と言われたら、通常の寄付行為まで買収になりかねない」

夫妻の方向性は一致せず、さまざまな思惑も交えながら、元法務大臣の国会議員夫妻による大規模買収事件は佳境を迎える。地裁はどのような判決を下すのだろうか。

(西川 義経/Webオリジナル(特集班))

西川 義経

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加