「半沢直樹」感謝の恩返しスペシャル企画朗読劇が大盛況! 尾上松也「何度かドアップの顔芸シーンを作りたい(笑)」

「半沢直樹」感謝の恩返しスペシャル企画朗読劇が大盛況! 尾上松也「何度かドアップの顔芸シーンを作りたい(笑)」

  • TVガイド
  • 更新日:2020/09/16
No image

現在放送中のTBS系連続ドラマ「半沢直樹」(日曜午後9:00)。幅広い世代から注目されている本作から、“感謝の恩返し企画”として、9⽉12・13日の2日間限定で「感謝の恩返しスペシャル企画朗読劇『半沢直樹』」が開催された。

同イベントは、今作放送に先駆け、TBSラジオで今年2月〜3月に放送された「TBSラジオ オリジナルドラマ 『半沢直樹』 敗れし者の物語 by AudioMovie™」(https://www.tbs.co.jp/radio/hanzawa_naoki/)で描かれた、「聴くドラマ」の演出をヒントに生まれたスペシャル企画。ラジオとのコラボで実現した“「半沢直樹」の世界観を声で届けるエンターテインメント”に、出演者が生朗読するという舞台演出が重なった、オリジナルストーリーの特別企画だ。

No image
No image

出演は、平山美幸役の南野陽子、平山一正役の土田英生、瀬名洋介役の尾上松也、広重多加夫役の山崎銀之丞。さらに、同局がグループ一丸となって届ける新たな恩返しのエンターテインメントということで「王様のブランチ」(土曜午前9:30)から藤森慎吾、ラジオ「伊集院光とらじおと」(月~木曜午前8:30)から伊集院光がゲスト出演し、朗読劇を盛り上げた。ドラマ本編で、半沢直樹(堺雅人)に倍返しされた者、救われた者たちにどんな人生があったのかを描く、ファン必見のイベントとなった。また、土田は自身が出演した「繰り返される時…」編の脚本を手掛けた。

また、新型コロナウイルス感染防止対策も万全に行われて開催された公演の終了後には、出演者によるトークショーも実施した。

No image

松也 「久しぶりに瀬名を演じさせていただけて楽しかったです。あらためて瀬名を演じさせていただくと声がおかしくなるなと。怒ってるシーンが多かったので、撮影中も何度かおかしくなりました」

南野 「舞台などの公演がなかなかできず、お客さまも来にくいような状況だったと思うのですが、今日こうやって多くの方に見ていただけて公演することができてよかったです」

No image

山崎 「本編の僕の出演シーンは3月の撮影中止前にほとんど撮り終わっていて、最後南野さんとの写真を撮られるシーンだけ再開後に撮影しました。そのためか、本当に僕は『半沢直樹』に出てたのかなと(笑)。広重という役のその後の人生を描いていただいて、この場にいられるのがうれしいです」

土田 「まず僕、この格好大丈夫ですか? 一応衣装なんですけど落ちぶれたということで真っ黒で、しかも僕のこの靴、楽屋スリッパみたいですよね(笑)。ちなみにラストの美幸と抱き合うシーンは演出です! 自分で脚本書いておいて自分で抱き合ってるわけじゃないですよ!」

No image

伊集院 「ラジオで謎のコバンザメ企画をやっています。本放送を見るのを禁じられて、第何話ではこういうふうになっているはずだというクイズに答えるコーナーなのですが、全部外すという…(笑)。オリジナルストーリーからの後日談を聞くと、ついキュンとなってますますキャラクターのファンになっちゃいますよね」

それぞれが公演に対し思いを語り、「半沢直樹」で“自分が演じてみたい役は?”という質問に答えた。また、そこから気になる撮影の裏話にも発展。

南野 「花ちゃん(上戸彩が演じる半沢の妻)ですかね。会議に向かう半沢に『堂々と帰ってきてね!』と声をかける花ちゃんがいいなと思ったんですけど…。でもやっぱり私は美幸がいいです! 撮影中止の期間があったおかげで、早く美幸を演じたいという気持ちが強くなったこともありました。だからこそ、他の人には譲りたくないなと」

松也 「僕も瀬名がいいですね。ただ、もう1回頭から撮れるなら、先輩方のように何度かドアップの顔芸シーンを作りたい(笑)。キャラクター的に瀬名くんはそういうタイプじゃないんですけど。第1話の試写をキャストの皆さんと見た時に、市川猿之助さんも香川照之さんもご自身で大爆笑してました」

山崎 「昔、猿之助さんと舞台をご一緒させていただいた時も同じような顔をされていたことがあったのですが、あれはもうほぼ歌舞伎ですよね。顔の作り方がドラマじゃない。そして僕も広重を演じたいです。遠い昔になってしまったので、出ていたという証がもう一度欲しいです(笑)」

No image

土田 「この流れでほかのこと言えます? でも、僕もやっぱり社長ですね。ただ、あの高い声で『待って!』っていう広重のセリフが言いたいです。あれもうほぼNGですよね?(笑)」

松也 「銀之丞さんのあの高い声はかれちゃったんですか? それとも演技?」

山崎 「テンションと言いますか、人に待って!と懇願する時の声って、上の方から出るイメージだったので、それで…」

松也 「あのシーンは僕が一番笑いをこらえてましたよ。カットかかったら、みんな大爆笑でした(笑)」

No image

トークショーの最後には、伊集院が「これだけいろいろなコンテンツがある中で、情報を遮断するのがこんなに難しいドラマないです。普通にギョーザを食べていたら隣の学生が“昨日の『半沢直樹』見た?”と会話していて、それくらい街でみんなに話題にされる作品ってすごいですよ。あと数話あると思いますが、楽しみです。まぁ、僕はいつ見られるか分からないんですけど(笑)。ちなみに僕は、笠松茂樹役のアンジャッシュ・児嶋一哉に大胆な仮説を立てていますが、たぶん外れると思います!」とドラマ終盤への期待を語った。

なお、朗読劇「半沢直樹」は、9月15日深夜0:00~27 日午後6:00までの12日間限定で、Paraviで独占配信することが決定した(https://www.paravi.jp/title/60905)。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加