東京Vが初日から3時間練習 新背番号8を背負う井出「イニエスタのプレーを目指せと言われている」

東京Vが初日から3時間練習 新背番号8を背負う井出「イニエスタのプレーを目指せと言われている」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2021/01/15

J2東京Vが始動した。午前10時からよみうりランドの練習場でミーティング、ピッチ上で神主による必勝祈願を行ったのに続いていきなり約3時間練習した。背番号が11番から8番になったMF井出遙也(26)は、「8番になったのはクラブに来て初めて知った。永井さんにはいつもイニエスタのプレーを目指せといわれているのでそういう意味だと思った」と、東京Vのイニエスタを目指す考えを明かした。

No image

J2東京Vの永井秀樹監督

DF平智広(30)も「昇格争いをするには一人一人がチームにどれだけ貢献できるか、クラブが少しでもよくなるようにできるかという一体感が必要」と、昨季は途中からキャプテンを任されたベテランらしく、今季もチームをまとめていく考えだ。

永井秀樹監督(49)も「選手の目が輝いていていた。いいスタートができた」とホッとした様子。昨年末に経営陣が変わったが、「現場はやるべきことをやるだけ。いいサッカーをやって、気持ちも新たにやっていくだけ」と切り替えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加