大谷翔平、今季17号は飛距離143.3メートルでキャリア最長弾

大谷翔平、今季17号は飛距離143.3メートルでキャリア最長弾

  • J SPORTS|コラム(野球)
  • 更新日:2021/06/09

エンジェルスの大谷翔平は2番・指名打者で先発出場した現地6月8日(日本時間9日)のロイヤルズ戦で、今季17号2ランを放つなど、3打数2安打1四球と活躍し、チームの8-1での勝利に貢献した。

なお、大谷の2ラン弾は打球初速が時速111.7マイル(約179.8キロ)に達し、飛距離はキャリア最長の470フィート(約143.3メートル)を記録した。

『MLB.com』でエンジェルスを担当するレット・ボリンガー記者は、試合直後に投稿した速報記事で、二刀流スターがこの試合の第1打席で放った特大本塁打について、「オオタニはカウント2-2からブビックのチェンジアップを餌食とし、4月4日のホワイトソックス戦で右腕のディラン・シースから放ったそれまでの自身最長である451フィートを越える、キャリア最長ホームランを放った」と伝えた。

記事によると、この大谷の特大弾はスタットキャストによる計測が始まった2015年以降では、球団歴代5位の飛距離とのこと(本塁打飛距離のエンジェルス歴代1位から4位は全てトラウトが保持)。

No image

また、大谷は第2打席で打球初速112.6マイルの二塁打を打っており、ボリンガー記者は「これで彼は、1試合で打球初速111マイル以上の長打を2本以上打った2人目のエンジェルスの選手となった」と伝えている。ちなみに、記事によるとこれまでエンジェルスの選手で、大谷以外でこれを達成したのは2015年5月18日のクリス・アイアネッタのみ。

一方、現地紙『オレンジカウンティレジスター』は、初回に飛び出した大谷の先制ホーマーについて、「この一発が試合を方向付けた」としており、エンジェルスを率いるジョー・マドン監督は大谷の特大ホームランについて、「あれがあの投手(クリス・ブビク)に対してインパクトを与えたのは間違いないところだね」とコメント。

そして、「あの若者(ブビク)はとても良い選手だけど、我々は序盤に彼を乱した。あれは彼から自信を奪い去ったんだ。先制点が欲しかったし、最初の一撃を喰らわせたかったのだけど、我々はそれをやってのけたんだ」と述べ、その重要性を強調したとのこと。

なお、ボリンガー記者が現地8日付で別途投稿した記事によると、「オオタニは金曜(日本時間土曜)に今季9回目の先発登板をしつつ、投手として打席に入る予定となっているが、エンジェルスのジョー・マドン監督は、土曜と日曜の試合ではオオタニを外野手として先発出場させる予定はないと述べた」とのこと。

指名打者制のないインターリーグの残り2試合は、代打要員として、ベンチから出場機会を伺うことになりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加