映画「仮面ライダーセイバー」「ゼロワン」本予告、谷口賢志と伊藤英明が立ちはだかる

映画「仮面ライダーセイバー」「ゼロワン」本予告、谷口賢志と伊藤英明が立ちはだかる

  • 映画ナタリー
  • 更新日:2020/11/22

「仮面ライダーセイバー」「仮面ライダーゼロワン」劇場版の正式タイトルが、それぞれ「劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本」「劇場版 仮面ライダーゼロワンREAL×TIME」に決定。本ビジュアルが到着し、YouTubeで本予告も公開された。

No image

「劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本」「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」本ビジュアル

すべての画像・動画を見る(全4件)

「劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本」のビジュアルには、仮面ライダーセイバーと仮面ライダーファルシオンが剣を交える姿が収められた。予告には、谷口賢志演じる敵・バハトがファルシオンに変身する場面や、ソードオブロゴスの剣士6人がファルシオンに立ち向かうさまが切り取られている。

そして「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」のビジュアルには、同時に存在しないはずの仮面ライダーゼロワンとゼロツーが並ぶ。本作が世界滅亡までの60分間を描くタイムリミットサスペンスであることから「全人類全滅まであと60分。」というコピーが添えられた。予告には、伊藤英明扮する敵・エス / 仮面ライダーエデンの姿や、同時多発テロにより世界が大混乱に陥る様子が。さらにゲストである福士誠治山崎紘菜の登場シーン、高橋文哉演じる飛電或人が傷だらけで変身する様子も確認できる。

約20分の「劇場短編 仮面ライダーセイバー 不死鳥の剣士と破滅の本」と、約80分の「劇場版 仮面ライダーゼロワン REAL×TIME」は、2本立てで12月18日に全国公開される。

スーパーヒーロープロジェクト (c)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映

映画ナタリー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加