【B級フード研究家・野島慎一郎のバカレシピ】カレーメシをつけダレにした斬新サッポロ一番「サッポロ一番のカレーメシつけ麺」

【B級フード研究家・野島慎一郎のバカレシピ】カレーメシをつけダレにした斬新サッポロ一番「サッポロ一番のカレーメシつけ麺」

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2020/10/16
No image

独創的な料理を続々と開発している野島慎一郎氏

『週刊プレイボーイ』で「激ウマ!! バカレシピ研究所」を連載中のB級フード研究家・野島慎一郎(のじま・しんいちろう)さん。

今回の"バカレシピ"は、サッポロ一番を使い、カレーメシを強引につけダレにした「サッポロ一番のカレーメシつけ麺」!

【画像】「サッポロ一番のカレーメシつけ麺」のレシピ

* * *

【今回の食材】
・サッポロ一番 塩らーめん 1袋 ・カレーメシ ビーフ 1個 ・うまい棒 チーズ味 2、3本

No image

野島 日清ってカップヌードルとかどん兵衛とか、カップ麺ばかりが注目されがちだけど、カレーメシも相当すごい。食べたことがない人って多いと思うんですが、実にもったいない!

助手 お湯を入れた直後はシャビシャビなんだけど、よくかき混ぜるほどドロドロ濃厚なカレーになるんスよね。チューブニンニクとかお手軽トッピングも楽しめて、僕も大好きッス!

野島 そんなカレーメシの素晴らしさをもっと布教したい! ってことで今回はカレーメシを使ったバカレシピを作りますよ。

助手 よろしくお願いします!

No image

(1)一番! 鍋でお湯を沸かし、サッポロ一番 塩らーめんの麺を入れてほぐしながら3分待つ。火を止め、スープは入れずに麺をざるにあけ、流水で冷やしたら水気を切り、食器に盛りつける

野島 まずはサッポロ一番 塩らーめんの麺を煮込み始めます。

助手 カレーメシを使うって言って全然違うものを調理し始めるのはいつものことッスね。

野島 麺を3分煮込んだらスープは入れず、ざるにあけて流水で冷やします。そしてここで登場するのがカレーメシ。お湯多めで作り、サッポロ一番のスープを半量入れたら、混ぜる!

助手 なんだなんだ、これはいったい何を作っているんスか!?

No image

(2)スープ! 続いてカレーメシに熱湯を注ぐが、目安の線よりも1~1.5cmほど上まで注ぐのがポイント。サッポロ一番 塩らーめんのスープも半量ほど入れ、しっかりと全体をかき混ぜよう

No image

(3)うまい棒! うまい棒のチーズ味を2、3本カレーメシに突き立てる。うまい棒が溶けてとろみが出れば絶品カレーつけダレの完成。うまい棒は全量溶かさず、半溶け状態で食べるとうまし!

No image

(4)完成!「サッポロ一番のカレーメシつけ麺」

野島 カレーメシを強引につけダレにしたつけ麺です。サッポロ一番 塩らーめんのスープっていいダシが出るんですよ。カレーメシに混ぜることで絶品カレーつけダレになるのです。ここにうまい棒 チーズ味を入れて、まろやかさととろみをプラスしたら完成ね。よーしウマそうだ!

助手 見た目は普通にカレーつけ麺に見えるけど、つけダレの中にはご飯粒がたっぷり入ってるんだからな!? 味も食感もまったく想像できないッス!

No image

(5)激ウマ! つけダレに麺をつけるとご飯粒が大量に絡みつくが、これが不思議とひき肉と錯覚できて贅沢な気分に。味の相性も抜群。カロリーの過剰摂取は気にせず、無心で麺をすすれ!

野島 味はおいしいかもしれないし、おいしくないかもしれません。とりあえず食べてみて!

助手 なんだその、まとめ記事みたいな適当コメント! 麺をつけてズルズルっと食べてみると......ブハッ!! めちゃくちゃ濃厚でウマい!! しかもただの濃いカレーじゃなくて、ちゃんとダシの効いたカレースープになってる! サッポロ一番ってスゲーな!!

野島 しかもこれ、カレーメシのご飯粒に違和感がないんですよね。麺にたっぷり絡んでくるんですが、麻婆ラーメンのひき肉のような感覚で食べられる。

助手 確かに違和感ゼロッスね。そしてカレーメシのカレーもポテンシャルが高い! 何杯でもイケるッス!

野島 麺を食べ終えたらさらにお湯を足してスープ割も楽しめますよ。まあ、サッポロ一番1人前とうまい棒を足したので、1杯食べるだけでもカロリーはすごいことになりますが......。

助手 ぎゃふん!

●野島慎一郎(のじま・しんいちろう)
ライター、マンガ家、B級フード研究家。独創的な料理を続々と開発している。著書『世界一美味しい「どん二郎」の作り方』(宝島社)。YouTube『のじまちゃんねる』

撮影/下城英悟

撮影/下城英悟

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加