K-POPアイドルと映画の専門家が韓国映画を語り尽くす「ナッスル」放送&配信決定!

K-POPアイドルと映画の専門家が韓国映画を語り尽くす「ナッスル」放送&配信決定!

  • MOVIE WALKER PRESS
  • 更新日:2022/11/25
No image

韓国映画を“酒の肴”に毎月アイドルと専門家がまったりほろ酔いトークを繰り広げる

「BS10 スターチャンネル」にて、酒×韓国映画×K-POPアイドル×現地制作の映画番組「ナッスル〜韓国映画ほろ酔いトーク〜」が毎月1話ずつ日本独占配信&放送されることが決定。配信、放送の日程は、12月22日よりPrime Videoチャンネル「スターチャンネルEX」にて配信開始、2023年1月よりBS10 スターチャンネルにてTV放送開始となっている。

【写真を見る】韓国の痛快バディムービー『治外法権』をはじめこれまで日本未公開だった韓国映画を語り尽くす

「ナッスル」は「昼間から呑む」という意味する言葉で、人気K-POPアイドルと、映画人や映画評論家といった専門家が、酒を片手に楽しい映画トークを繰り広げる番組となっている。番組に登場するのはPink Fantasyのモモカ、SECRET NUMBERのレア、NU’EST出身キム・ジョンヒョン(JR)、KARAのギュリ、Wanna One出身ユン・ジソンら、10月末から12月頭にかけて本国にて新曲活動を展開中のアイドルたちとなっている。ギュリは「今回はお酒を飲むために集まったわけではないのに…」、チャン・チョルス監督は「お酒のせいか危うく番組の趣旨を見失いそうになりました」とそれぞれシラフを懸命に維持しながら番組収録に挑んだ。

番組では、スターチャンネルが11月から12月にかけて日本初公開を実現させた映画が各回で取り上げられている。第1回は、政治と癒着し“治外法権”状態の韓国カルト教会に、韓国警察きっての札付き問題児デカ2人が殴り込むバディムービー、『治外法権』。第2回は、K-POPのトップに君臨するBoA演じる主人公と、遠い親戚の年下男子が美しい田舎町で繰り広げるマッタリ恋の行方を描く『秋の郵便局』(15)。第3回では、散骨のため亡き祖母の故郷を訪れた若者たちと、地元老人達の交流を描く、チュンサ国際映画祭芸術映画特別賞、ソウル老人映画祭オープニング作品『花の手』が取り上げられている。いずれも、これまで日本未公開で情報が限られていた作品となっており、番組内のトークは作品を深掘りできる貴重な機会となっている。

K-POPアイドルと、映画の専門家がお酒とともに韓国映画の魅力を語り尽くす45分のトーク番組である本作。韓国映画ファンには見逃せない「ナッスル〜韓国映画ほろ酔いトーク〜」をぜひお見逃しなく。

文/鈴木レイヤ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加