追い上げる2位の阪南大高が4連勝で首位に勝ち点2差!東海大仰星は初芝橋本を振り切り4位浮上

追い上げる2位の阪南大高が4連勝で首位に勝ち点2差!東海大仰星は初芝橋本を振り切り4位浮上

  • 高校サッカードットコム
  • 更新日:2021/09/18
No image

この日も抜群の存在感を示した阪南大高FW鈴木章斗

9月15日、10チームが参加しホーム&アウェイ方式による2回戦総当たり戦を行う高円宮杯 JFA U−18サッカープリンスリーグ2021関西の順延されていた第10節2試合がJ-GREEN堺で行われた。

2位の阪南大高(大阪)は7位大阪産大附(大阪)と対戦。阪南大高は19分に右サイドのスローインから抜け出した湘南ベルマーレ内定のエースFW鈴木章斗のゴールで先制すると、26分にはボックス内に侵入したFW辻翔真が右足でゴール右上にシュートを突き刺し追加点。大阪産大附も前半終了間際の45分、絶妙なタイミングで相手DFの高いラインを破ったMF三政響希がGKとの一対一を制し1点差に詰め寄る。しかし後半にMF松本楓悟とDF保田成琉がミドルシュートを決めた阪南大高が大阪産大附を突き放し4-1で勝利した。これで4連勝とした阪南大高は勝ち点を25まで伸ばし、首位の履正社と勝ち点2差まで肉薄。先制点を決めた鈴木はゴール数を9に伸ばし得点ランキングで単独トップに立った。

5位の東海大仰星(大阪)は9位初芝橋本(大阪)と対戦。前半、東海大仰星は18分に朝野夏輝にPKを決められ先制を許すも、20分に右CKのこぼれ球を藤嶋凌久が押し込み同点に追い付くと、72分にも藤嶋がこの日2点目となる決勝ゴールを決めて逆転。2-1で勝利し勝ち点3を手にした東海大仰星は得失点差で大阪桐蔭を上回り4位に浮上した。

※未消化の試合がある為、表示の順位は暫定になります

【第10節試合結果】
大阪産大附 1-4 阪南大高
初芝橋本 1-2 東海大仰星

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加