防災への決意新たに 2年ぶり、消防出初式〈横浜市南区〉

防災への決意新たに 2年ぶり、消防出初式〈横浜市南区〉

  • タウンニュース
  • 更新日:2022/01/15

南区消防出初式が1月5日、みなみん(南公会堂)で行われ、約70人が出席した。コロナ禍で昨年は中止だったため、開催は2年ぶり。参加者を連合町内会長や表彰対象者に限定して実施した。みなみんは昨年5月から12月まで新型コロナワクチンの集団接種会場になっていたため、久々の一般使用となった。

第一部では、永年勤続の消防団員や消防に功績があった人を表彰。第二部は、市消防音楽隊の演奏などがあった。最後は若い消防職員と消防団員が「防災の誓い」を読み上げ、「南区の安全安心を守り、区民の皆さまの期待に応えられるよう、力を合わせて備えを強固にしていくことをここに誓います」と今年一年の防火、防災を誓った。

県知事表彰、市長表彰、消防局長表彰を受けた人は次の通り(敬称略)。【県知事表彰、市長表彰】▽勤続20年消防団員...宮崎健次、玉田俊直、萩原克彦、塚本繁、森祐二【市長表彰】▽勤続30年消防団員...木下潤、菊池秀貴、高木信、須原照安▽優良消防団員...秋元寛、西村惠子、湯淺辰夫、森りえ子、江成純、飯田政弥、中村明【局長表彰】▽一般消防功労者...三石勝(六ツ川大池連合自治会会長)、高木正隆(寿東部連合町内会会長)、森眞一(大山ねずの命神示教会教会長)▽優良消防団員...仲野秀信、望月隆、谷小夜子、玉田俊直、石橋賢一、竹内正親、青山万希也▽勤続10年消防団員...澁谷健、尾形尚希、増田峰幸、廣瀨隆行、山野雅史、渡邉雅彦、尾形亜由美、金子高浩、荒井利和

No image

表彰を受ける消防団員(中央右)

No image

演奏を披露した市消防音楽隊

タウンニュース南区版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加