三山ひろし、高知県プロモーションキャラクターに就任「離れていても心の繋がりがある」

三山ひろし、高知県プロモーションキャラクターに就任「離れていても心の繋がりがある」

  • 全日本歌謡情報センター
  • 更新日:2020/09/16
No image

9月15日に高知県にて「2020年度高知家プロモーション発表会」が開催され高知県知事の濵田省司と高知県出身の三山ひろしが登壇した。

県全体を一つの大きな家族に例え、温かな県民性など高知県のヒト・モノ・コトを知ってもらうため高知の家族の家として「高知家」というプロモーションを2013年より行ってきた高知県。「高知県は、ひとつの大家族やき。」をキャッチコピーとする今年度は、三山ひろしを高知家プロモーションキャラクターに起用し、”高知家のアニキ”として1年間にわたって高知の魅力を発信する。

No image

濵田省司 高知県知事

2013年「高知家の娘」に広末涼子、2016年「高知家の姉さん」島崎和歌子に続く、初の男性メインキャストとなる三山ひろし。会見では高知家ポスター撮影のメイキングビデオが流され、「高知に対する愛情が溢れている」と濵田知事も笑顔に。ポスターで着用している和装は3年目の「NHK紅白歌合戦」に出場し「男の流儀」を歌唱した際の着物を着用。3回目はこれからの三山ひろしを左右する勝負の年に着たもので、生地も師匠・中村典正が特別に用意してくれた一際思い入れのあるものだという。

No image
No image

三山は「お盆でも帰省できなかったり今はなかなか移動が難しい状況ではありますが、離れていても家族、高知家として心の繋がりがあるんだということを感じてもらいたい。僕はプロモーションキャラクターとして、この高知家の大家族をさらに大きくしていきたい。一回でも高知に来たらもう”大家族”と、コンサートで訪れる全国で高知に話をしている。」と意気込みを語った。

高知家のポスタービジュアルは第2弾、第3弾と公開を控えている。

No image
No image

関連リンク

◆【高知県公式】高知県は、ひとつの大家族やき。高知家プロモーション

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加