阪神・西勇、逆転許す 西浦に同点ソロ被弾 大山は痛恨のタイムリーエラー

阪神・西勇、逆転許す 西浦に同点ソロ被弾 大山は痛恨のタイムリーエラー

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/05/06
No image

5回ヤクルト無死、同点ソロを放ち、ナインに祝福されるヤクルト・西浦直亨=神宮球場(撮影・西岡正)

「ヤクルト-阪神」(4日、神宮球場)

阪神の先発・西勇輝投手は、味方が1点を勝ち越した直後の五回に失策も絡んで逆転を許した。

無失点で抑えれば勝利投手の権利をつかむことができる五回。先頭の西浦に今季1号ソロを浴びて同点とされた。続く投手の田口の内野安打と犠打で1死二塁。ここで中村のゴロを捕球した大山が三塁ベースカバーに入った中野に悪送球。二走・田口の生還を許し、思わぬ形で勝ち越し点を献上した。

さらに、1死二塁から山田に適時二塁打を浴びて、この回3失点。四回に適時打を浴びた村上は申告敬遠で歩かせ、何とか後続は斬った。今季初対戦となったヤクルト打線に、痛い失点だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加