元プロ野球選手の村田兆治容疑者を逮捕 空港保安検査でトラブルか

元プロ野球選手の村田兆治容疑者を逮捕 空港保安検査でトラブルか

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/09/24
No image

"村田兆治容疑者=2022年5月25日、東京都新宿区"

羽田空港(東京都大田区)の保安検査場で検査員に暴行を加えたとして、警視庁は23日、「マサカリ投法」で知られる元プロ野球投手の村田兆治容疑者(72)を暴行容疑で現行犯逮捕した。同庁への取材でわかった。

「また明日」の電話の翌日、順子は殺された 解決願い、破った約束

東京空港署によると、村田容疑者は23日午後1時50分ごろ、羽田空港第1ターミナルの北ウィングの保安検査場で、30代の女性検査員の左肩を右手で強く押すなどの暴行を加えた疑いがある。調べに対し、「左肩を押していません」と容疑を否認しているという。

「男性が暴れている」との通報を受けて駆けつけた警察官に身柄を確保された。署は、金属探知機が何度も反応したことに村田容疑者が腹を立てたとみている。

村田容疑者は1967年秋のドラフト1位で東京(現ロッテ)に入団し、マサカリ投法と呼ばれた独特の投球フォームから繰り出す150キロ台の直球とフォークを武器に速球派右腕として90年まで活躍。最多勝、最多セーブ各1回、最優秀防御率3回、最多奪三振4回。通算604試合の登板で、215勝177敗33セーブを記録し、2005年に野球殿堂入りした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加