厳戒の広島原爆の日、新たに金属探知機を導入 安倍氏銃撃事件受け

厳戒の広島原爆の日、新たに金属探知機を導入 安倍氏銃撃事件受け

  • 朝日新聞デジタル
  • 更新日:2022/08/06
No image

"金属探知機の検査を受ける参列者=2022年8月6日午前7時36分、広島市中区、岡田将平撮影"

6日、広島は被爆77年の「原爆の日」を迎えた。

「家族写真を撮ると死んでしまう」1人残された夏の記憶消えなかった

広島市の平和記念公園では、平和記念式典に参列する人たちへの手荷物検査が始まった。広島市は、安倍晋三元首相が銃撃され殺害された事件を受け、警備態勢を強化。新たに金属探知機が導入され、参列者は両手を広げ、探知機の検査を受けていた。

広島市西区の和久野恭子さん(74)は、中学2年の孫と初めて参列。原爆死没者名簿に昨年亡くなった夫の名前が刻まれた。「日本でああいうことがあったことがビックリ。何事もなく、式典を終わりたい」

6歳の時に被爆した京都府宇治市の長谷部松子さん(83)は、事件について「ああいうことがないようにしてもらえるのはありがたい」と話していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加