「ガチガチのカテナチオでいきました」岡村隆史、念願のサッカー仕事で大奮闘!

「ガチガチのカテナチオでいきました」岡村隆史、念願のサッカー仕事で大奮闘!

  • ニッポン放送 NEWS ONLINE
  • 更新日:2022/11/25

11月24日(木)深夜に放送された『ナインティナインのオールナイトニッポン』(ニッポン放送・毎週木曜25時~)にて、岡村隆史が23日(水)にNHK総合で放送された『FIFAワールドカップ2022 まもなく日本対ドイツ キックオフ直前スペシャル』に出演した際のことを振り返った。

No image

ナインティナイン・岡村隆史

この日は、矢部がカタールワールドカップ2022の取材のため、久々の1人での放送。しかしそれと同じように“サッカー関連のお仕事”をこなしてきたと岡村は冒頭からリスナーに報告を始めた。

「相方の矢部さんがカタールにいってらっしゃいましてお休みということで、岡村隆史改め“おかっちFC”が2時間ぶち抜きでお送りしたいと思っております。

見ていただいたでしょうか? “サッカー関連のお仕事”をあのNHKから頂きましてですね。ガチガチのカテナチオでいきましたからね! 自分もやれるんだっていうところを見せつけようっていう。緊張はもちろんしました! 独特な雰囲気で、ここから始まるぞという空気で、始まる前に下手なことできへんっていうのがありまして。何も武器を持たずにあそこにはよう出ていきませんので、とにかくマネージャーさんと雑誌『Number』を叩き込みましてですね。やっぱり“詰め込み教育の敗北者”ですから、とにかく知識をバーっと叩き込んでですね、本番に挑んだんですけど。

No image

ナインティナイン・岡村隆史

いつも思うんですけど、僕が真面目にやればやるほど滑稽に映ってしまうんですね。それが悔しいというか。みんな、手の位置気になったんでしょ?(笑)。知らず知らずのうちに手が上に上がってしまったみたいで、それがイキリたったキャスターみたいになってしまった。なんなら見方によっては、『ゴチ』(※日本テレビ系「ぐるぐるナインティナイン」内『ゴチになります!』)の順位結果発表みたいな手やったという人もいます。それはね慣れてないところで許していただきたい」

というように、往年のイタリア代表伝統の守備「カテナチオ」のごとくカチカチになりながらも、大役をなんとかこなしたことを報告。

以前、この番組の直後の枠を担当していた井口理の所属するロックバンド・King Gnuとも久々に共演を果たしたようで、「久しぶりにあったKing Gnuにもびびってしまいましたよ。思ってたヌーさんと違う! って。パッと井口さんの方を見たら、井口さんはニヤッとこっちを見て笑ってたんですけど、それぐらいの目配せしかできなくて」と、新たなステージへと旅立った彼らの成長を肌で感じた岡村であった。

radikoのタイムフリーを聴く

ニッポン放送 NEWS ONLINE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加