あなたも不動明王になれる!? 岡山・常住寺に撮影スポット登場

あなたも不動明王になれる!? 岡山・常住寺に撮影スポット登場

  • 山陽新聞デジタル
  • 更新日:2021/09/15
No image

不動明王気分を味わえる撮影スポット「火焔ウォール」

あなたも不動明王になれる!? 岡山藩主池田家ゆかりの常住寺(岡山市中区門田文化町)に、本尊の不動明王になった気分で撮影できるスポット「火焔(かえん)ウォール」がお目見えしている。

スポットは、不動明王の背後の火炎をイメージしたスチール製の板(縦2・1メートル、横1・1メートル)。赤を基調にオレンジや青色も使って炎の勢いを表現しており、他に疫病や厄などを断ち切る宝剣と人々を救う縄・羂索(けんさく)を描いている。

地元住民らでつくる常住寺復興プロジェクト委員会が「気軽に楽しめるものを」と企画した。仏像の顔出し看板を手掛けるアーティスト・ニシユキさん(43)=倉敷市=がデザインの絵を板にプリントし、6月に境内に設置した。

同寺の代務者で、委員会代表を務める本性院(倉敷市)の永宗幸信住職(59)は「よくある撮影スポット『天使の羽』の寺バージョン。自らが不動明王になったつもりで、新型コロナウイルスの世を切り抜ける力にしてほしい」と話している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加