【柔道女子48キロ級】渡名喜風南、谷亮子以来の頂点へヤマ場は準決勝

【柔道女子48キロ級】渡名喜風南、谷亮子以来の頂点へヤマ場は準決勝

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

ビロディドに攻め込む渡名喜(左)(2019年8月25日撮影)

東京五輪の柔道の組み合わせ抽選が22日、オンラインで行われた。開会式翌日の24日に男女軽量級から始まり、日本選手団金メダル1号の期待が懸かる17年世界選手権女子48キロ級覇者の渡名喜風南(25=パーク24)は順当に勝ち上がれば、準決勝で美人柔道家として知られる18、19年世界女王のダリア・ビロディド(ウクライナ)と対戦する可能性が高い。男女の注目5階級の見どころを紹介する。

◇    ◇    ◇

【女子48キロ級】

渡名喜が先陣を切る。初戦の2回戦から登場する17年世界女王は、多彩な足技と堅実な寝技で安定した力を発揮できるのが最大の強み。ヤマ場は準決勝で当たる可能性が高いビロディドとの大一番。4連敗していた身長172センチのライバルに今年1月の国際大会で初勝利し、確かな手応えをつかんだ。初の五輪へ「挑戦」をテーマに掲げ、「金メダルへの戦い始まる」と04年アテネ五輪の谷(旧姓田村)亮子以来の頂点を狙う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加