新川優愛インタビュー「私だけは不器用な奈々江にしっかりと寄り添ってあげたい」『愛しい嘘~優しい闇~』

新川優愛インタビュー「私だけは不器用な奈々江にしっかりと寄り添ってあげたい」『愛しい嘘~優しい闇~』

  • TVLIFE
  • 更新日:2022/01/14
No image

愛本みずほによる人気コミック「愛しい嘘 優しい闇」をベースに、オリジナル要素も加えたラブサスペンスドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』(テレビ朝日系)がまもなく放送開始。波瑠、林遣都、溝端淳平、本仮屋ユイカ、黒川智花、新川優愛が演じる同級生たちが再会したことから巻き起こる不可解な事件や仲間の連続死…。TV LIFE webでは、“疑惑の同級生”6人によるインタビュー連載を実施。記念すべき第1回には中学時代からのマドンナ・岩崎奈々江役の新川優愛さんにご登場いただき、作品の見どころをたっぷりと語ってもらいました。

No image
No image
No image
No image
No image
No image

◆いよいよ放送がスタートします! まずは、最初に台本を読んだ時の印象をお聞かせください。

自分でも驚くほどだったんですが、読む手が止まらなかったです。普段、台本を読む時はまず、物語全体の流れを理解するようにフラットな気持ちで目を通すようにしているんです。でも、今回は第1話から完全にいち読者になっていました。“えっ!?”や“どうして!?”、“ウソでしょ!?”が連続していって(笑)。“早く続きが読みたい!”と、新しい台本が届くのを常に待ちわびていました。

◆確かに、第1話を読んだだけでも怒濤の展開で驚きました。

しかも衝撃的な内容が1つや2つではなく、“これでもか!”と畳み掛けてくるので、できれば視聴者の皆さんには放送を録画して、繰り返し見てほしいです。冒頭の同窓会のシーンにも、あとで見返すと“この人物のこの表情ってもしかして…”という発見がたくさんあると思います。

◆今回演じる岩崎奈々江という役についてはいかがですか?

このドラマは中学時代を一緒に過ごした6人の仲間が14年ぶりに再会するところから始まるのですが、その中で奈々江は、昔も今もみんなのマドンナ的な存在なんです。ただ、それは見せかけなんですよね。華やかな人生を夢見ながらも、実際は家庭の事情で地元の山梨から出ることができず、理想とはかけ離れた生活を送っている。しかも、30歳という年齢になり、まわりがどんどん幸せになっていくことに焦りを感じ始めていて。こうした役は私にとってすごく久しぶりだったので、最初はどう演じていこうかすごく悩みました。もしこれが20代前半の役だったら、自分が憧れる姿に突き進んでいくさまを分かりやすく表現できると思うんです。でも30歳だと、大人なだけに余計に感情をこじらせていたり、抱えている悩みも複雑になっている。だからクランクインしてからも悩むことが多く、いつも監督に相談し、アイデアをいただきながら役に臨んでいました。

◆奈々江に共感する部分はありますか?

共感とは少し違うかもしれませんが、“奈々江は別の形の素直さをみんなの前で出せたら良かったのにな”と思うことはよくありました。というのも、彼女の場合、行動や思考がどれも悪い方向に出てしまっているんです(苦笑)。生き方や人付き合いがすごく不器用ですし、それが見ていてとてももどかしかったので、私だけはそんな彼女にしっかりと寄り添ってあげたいなという思いで演じていました。

◆その不器用さを隠すように虚勢を張っているところもありますよね。

そうなんです。けど、それってきっと誰もが同じだと思うんです。例えば、ある人がいつもと同じように明るく挨拶をしていても、もしかしたら前日にかなしい出来事があったかもしれない。それでも、そうした感情を隠しながら生きているのが人間であって。14年ぶりに再会した友人たちも、望緒(波瑠)は漫画家になっていて、玲子(本仮屋ユイカ)も弁護士になって夢を叶えている。優美(黒川智花)だって結婚して幸せな家庭を築いているように見えますが、実はそれぞれにつらいことを乗り越えてきた過去があったり、今現在も壁にぶつかっていたりするのに、奈々江にはみんなの幸せそうな部分しか見えていない。だからこそ、負けたくない思いから、間違った虚勢の張り方をしてしまう。そこに気づいていれば、もっと別の人生もあったはずなのになって思ってしまいますね。

◆ちなみに新川さんは10代だった14年前と比べて、自分が変わった部分や変わらない部分はどこだと思いますか?

昔はすご〜く人見知りでした。でも、10代のころに比べたら、少しは初対面の方とお話をすることに慣れてきた気がします。変わっていないところは家族への想いですね。ずっと仲が良いんです。最近はコロナ禍ということもあって会える頻度が減りましたが、今年のお正月は久々に実家に帰って幸せな時間を過ごしました。別に何かをするわけでもないんですけどね。みんなでゲームをしたり、ダラダラとテレビを見てツッコんだり(笑)。でも、そうした時間が私にとってはすごく大切なんです。

◆素敵ですね。では大人になった今、6人の登場人物の中だと、新川さん自身は誰に一番近いと思いますか?

悩みますねぇ…(笑)。しいて言うなら、玲子かも。彼女は友達想いで、性格も真っすぐですから。というと、自分のことを自画自賛しているみたいに聞こえますが、私は全くもってそんな立派な人間ではないです(笑)。ただ、もともと間違ったことする人をどうしても好きになれないので、違うことに対してハッキリと違うと言える玲子には憧れますね。

◆その玲子にも謎の部分がありそうですし、登場人物全員にどんな展開が待ち受けているのかすごく楽しみです!

期待していてください! 次々といろんな出来事が起きるので、1話たりとも見逃せないです。第1話でも思いもよらないことがありますし。

◆まだ撮影中とのことですが、新川さんはさまざまな事件を引き起こしている黒幕的な存在は誰だと予想していますか?

あくまで個人的な意見ですが、きっと一番予想を裏切る形なのは、波瑠さん演じる望緒ですかね?(笑) でも、第1話を見ていただければ分かるんですが、本当にこの先、何が起きてもおかしくないなって思わせられるんです。しかも、どの回も内容が濃く、展開も早くて充実感のあるお話になっていますので、いろんな考察をしながら楽しんでご覧いただければと思います。

◆では最後に、次週この連載にご登場いただく黒川さんにメッセージをお願いします!

黒川さんとの共演は本当に楽しかったです。先輩なんですが、すごくかわいらしい方で、現場でもよく「寒いねぇ。大丈夫?」と気にかけてくださったりして。そうかと思えば、カイロを手に持った状態で、そのまま小さくなって消えてしまうんじゃないかと思えるくらい縮こまっている姿に、いつも愛おしさを感じています(笑)。また、私と黒川さんは既婚者ということもあって共通する話題も多く、旦那さんのお話をお聞きするのもすごく楽しいんです。その内容から察するに、絶対にやさしくてすてきな旦那さんなんだろうなと想像しているので、これからもたくさん幸せなお話を伺えたらなと思ってます。

◆ドラマの中では黒川さんが演じる優美の旦那さん(徳重聡)が少し特殊な存在なだけに、そうした話を聞くと役柄とのギャップも楽しめそうです。

徳重さんとは以前ご一緒させていただいて、その時はワイルドでカッコいい役だったんです。それもあって、今回現場でお会いした際、「お久しぶりです」とごあいさつをしたあとに、「徳重さんの役、気持ち悪いですね」とお伝えしたら、「そうなんだよ!」と笑顔で答えてくださって(笑)。ご本人も楽しみながら演じていらっしゃるようなので、そんな黒川さんと徳重さんがはたしてどんな夫婦の姿を見せてくれるのか、そちらもぜひご期待ください。

PROFILE

新川優愛
●しんかわ・ゆあ…1993年12月28日生まれ。埼玉県出身。O型。近作は『ギルティ~この恋は罪ですか?~』(日本テレビ系)、『大富豪同心2』(BSプレミアム)。さらに連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』京都編(NHK総合)への出演を控えている。「BAILA」「MORE」のレギュラーモデルとしても活躍中。

番組情報

金曜ナイトドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』
テレビ朝日系
2022年1月14日(金)スタート
毎週金曜 後11・15~深0・15ほか

原作:愛本みずほ
脚本:丑尾健太郎、神田優
演出:樹下直美、日暮謙、木内健人
出演:波瑠、林遣都、本仮屋ユイカ、黒川智花・徳重聡・新川優愛、溝端淳平ほか

公式サイト:https://www.tv-asahi.co.jp/itouso/
公式Twitter:@itouso_tvasahi
公式Instagram:@itouso_tv_asahi

第1話(1月14日放送)あらすじ

地元・山梨から上京し、長年の夢だった漫画家デビューを果たすも鳴かず飛ばす…。現在は漫画家アシスタントとして働きながら、苦い毎日を送っている今井望緒(波瑠)。そんなある日、14年前に卒業した中学校の同窓会が開かれることになり、発起人である初恋の人・雨宮秀一(林遣都)から受付担当の依頼が舞い込む。女子生徒たちの憧れの的だった雨宮に、ただただ遠くから密かな恋心を寄せていただけだった望緒は、ドキドキしながら帰郷。今や東京でIT企業の社長となっている雨宮をはじめ、地元で両親と共にワイナリーを経営している幼なじみ・深沢稜(溝端淳平)、東京で弁護士をしている本田玲子(本仮屋ユイカ)、地元の名家に嫁いで専業主婦となった野瀬優美(黒川智花)、地元の会社に務めるお姫様気質の岩崎奈々江(新川優愛)ら仲良し6人組と懐かしい再会を果たす。そんな中、久々に6人で集合写真を撮った望緒の脳裏にふと、過去にも同じような写真を撮った記憶がかすめる。
その矢先、雨宮の提案で、同窓会参加メンバーは卒業時に埋めたタイムカプセルを掘り起こすために中学校へ。埋めた場所の記憶も定かではなく、手こずる面々。だが、雨宮が急用のため一足先に帰った後も、玲子の執念で捜索を続け、ようやくタイムカプセルを探し当てることに。その中から、「みんな 忘れないよ 中野幸」と書かれた紙を見つける望緒。ところが彼女はもちろん、その場にいた同級生の誰もがどういうわけか、“中野”の顔を思い出せず…。

photo/中村功 text/倉田モトキ

新川優愛さんのサイン入り生写真を1名にプレゼント!

No image

<応募方法>
TV LIFE公式Twitterをフォロー&プレゼント告知ツイートをRTしていただいた方の中から抽選で1名に新川優愛さんのサイン入り生写真をセットでプレゼント!
当選者には、TV LIFE公式TwitterアカウントよりDMでお知らせいたします。

TV LIFE公式Twitter(@tv_life):https://twitter.com/tv_life

<応募締切>
2022年1月21日(金)23:59

TV LIFE

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加