高橋ヒロム「感謝」パートナーBUSHI破り2勝目

高橋ヒロム「感謝」パートナーBUSHI破り2勝目

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2020/11/21
No image

新日本後楽園大会 勝利後、次戦の相手であるDOUKIの攻略本を見せながらインタビューに応じる高橋ヒロム(新日本プロレス提供)

<新日本ベスト・オブ・ザ・スーパジュニア公式戦後楽園大会>◇20日◇後楽園ホール

2年ぶりのスーパージュニア参戦となった18年の王者、高橋ヒロム(30)が、BUSHI(37)を破り2勝目を挙げた。

普段からタッグ戦ではパートナーを組んでいる2人。勝利後、疲れ果てた高橋はリング上で倒れ込むBUSHIに「あなたがパートナーで本当に良かったです。感謝します。前から言おうと思っていたことが、今日言えて良かった」と言葉をかけた。

その後動けないBUSHIとエアー・グータッチでほほ笑んだ。そして「優勝するのはこの俺だ。あなた(たち)がこの予言の目撃者だ。残りの(優勝決定戦含む)7試合、もっともっとみんなで楽しもうぜ!」とファンの前で2年ぶりの奪還を誓った。

試合中何度も声を張り上げ、自分を鼓舞した。そして「BUSHI、オラ~」と普段は叫ぶことのない名前を連呼しながら突進した。

終盤、BHSHIのバッククラッカー、コードブレイカーに加え、3度目のトライとなったMXをまともに受けたが、わずかに残った体力で返した。最後はデスパレーからのTIME・BOMの一撃で3カウントを奪った。バックステージでは「ダメージが残っている。効いた~」と横になりながらインタビューに答えるほど疲労困憊(こんぱい)だった。

「改めてやっぱりあの人がパートナーで良かったなって思った。心からの言葉だよ」。次戦は23日、DOUKIとの一戦。大好きな“仲間”から価値ある1勝を得た高橋は、優勝に向かって大きな1歩を踏み出した。【松熊洋介】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加