世界ランク6位のスコット 米ツアー出場辞退 不十分な感染対策に懸念

世界ランク6位のスコット 米ツアー出場辞退 不十分な感染対策に懸念

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2020/05/24

男子ゴルフ世界ランキング6位のアダム・スコット(39=オーストラリア)が、6月11日開幕のチャールズシュワブ・チャレンジ(テキサス州)から再開予定の米ツアーに当面の間、出場しない考えを表明した。22日にロイター通信が伝えた。

No image

アダム・スコット

ツアーの新型コロナウイルス感染症への安全対策が十分ではないとして、地元メディアに「無症状の人がトーナメントで活動するかもしれない」などと懸念を述べた。再開から6試合は出場せず、7月下旬から参戦する意向という。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
樋口久子や小林浩美も歴代チャンプ 前身は男女共催大会だった「全英への道」
原英利花「まずは、もう1勝」「勝負所できめたい」 ジャンボ邸から会見
1ラウンドを6分割 “ミニ目標”を作る考え方【プロキャディからの助け舟】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加