名古屋が痛恨の連敗...支配率68対32でも1-3で金沢に敗戦

名古屋が痛恨の連敗...支配率68対32でも1-3で金沢に敗戦

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/09/17
No image

途中出場のシモビッチも仕事ができなかった。写真:徳原隆元

[J2リーグ33節]金沢3-1名古屋/9月17日/石川県西部緑地公園陸上競技場

名古屋が金沢に敗れ、痛恨の連敗を喫した。

名古屋は、開始早々の3分に和泉竜司が宮崎幾笑を倒してPKを与え、これを宮崎に決められて先制点を奪われる。0-1で迎えた後半は、58分に秋山陽介のミドルで一度は追いつくも、72分に金子昌広、74分に佐藤洸一と、立て続けに2失点し、万事休した。

これで名古屋は前節・大分戦に続く連敗。ボール支配率で68対32と圧倒しながら、下位チーム相手に星を取りこぼした。残り9試合の現時点で、首位・湘南と勝点差17の6位。J2制覇は厳しい状況だと言えるだろう。

一方、11試合ぶりの勝利を挙げた金沢は、攻撃の精度が光った。グラウンダーのクロスから佐藤→金子と横パスをつないだ2点目。右サイドを崩してフリーでクロスを上げ、中央の佐藤が合わせた3点目。いずれも名古屋守備陣を完全に翻弄したゴールだった。

柳下正明監督も「選手がみんな集中して、やるべきことを90分間通してできたのが勝点3を獲れた要因」と手応えを語る充実の勝利だ。これで金沢は勝点33とし、18位に順位をひとつ上げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
劇的な決勝弾すら「平常運転」の鹿島。ふたたび黄金時代が到来か
[関東]木戸や柴戸がゴール!“後期の明治”が覚醒か、首位・筑波大は公式戦4戦ぶり白星:第13節
J2金沢、谷口遼弥が来季トップ昇格...クラブ初の下部組織出身選手に
東京、新監督候補にG大阪長谷川健太監督が浮上
独3年目の20歳伊藤達哉がブンデス1部デビュー。酒井高徳はフル出場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加