条例で規制緩和迅速化=「スーパーシティ」構想-政府

条例で規制緩和迅速化=「スーパーシティ」構想-政府

  • 時事通信社
  • 更新日:2019/02/14
No image

国家戦略特区諮問会議で発言する安倍晋三首相(右)。左は片山さつき地方創生担当相=14日午後、首相官邸

政府は14日、国家戦略特区諮問会議を首相官邸で開き、人工知能(AI)やビッグデータなどを都市づくりに活用する「スーパーシティ」の実現に向けた構想を取りまとめた。車の自動走行やキャッシュレス決済、遠隔教育などを完全に実施できるよう、自治体が迅速に規制緩和できる仕組みを創設するのが柱。国家戦略特区法の改正案を今国会に提出する。

構想によると移動、物流、支払い、医療・介護、教育、行政手続きといった住民生活の各分野のうち5分野以上で近未来技術の導入を目指す。

自治体と国、民間企業で構成する区域会議が導入の計画を策定。自治体が議会の承認や住民の合意を得た上で国の認定を受けると、条例を制定し規制緩和に関する特例を設けられるようにする。(2019/02/14-20:17)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「多くの国民が怒り」“戦犯の息子”と韓国の議長
同性婚推進のリベラルは憲法改正から逃げるな
辻元清美議員の「外国人献金問題」をめぐるメディアの無茶な論理とは
ルノー新会長、在日仏大使館を訪問
「これは沖縄県民だけの問題ではない」。辺野古基地建設を問う県民投票の前に、県外各地でシール投票
  • このエントリーをはてなブックマークに追加