米3月小売売上高、前月比0.6%増―4カ月ぶり増加

米3月小売売上高、前月比0.6%増―4カ月ぶり増加

  • モーニングスター
  • 更新日:2018/04/17
No image

<チェックポイント>●自動車・同部品の増加が押し上げ

●自動車・ガソリン除くコア指数は予想下回る

●GDPの押し上げには物足りず

米商務省が16日発表した3月小売売上高(季節・営業日調整後)は前月比0.6%増の4946億ドルと4カ月ぶりに増加し、市場予想の0.4%増も上回った。

内訳をみると、大幅に増加したのは月ごとに変動が激しい自動車・同部品で前月比2.0%増と5カ月ぶりの増加に転じた。このうち、自動車ディーラーも2.0%増(2月は1.3%減)となった。一方、ガソリンスタンドはガソリン価格の低下で0.3%減(2月は0.1%増)と、減少に転じた。

自動車とガソリン以外では3月のイースター(復活祭)休暇に焦点を当てた商戦の影響でオンライン小売が0.8%増と伸びたが、百貨店は0.3%減と2カ月連続で減少した。家具販売は0.7%増と2カ月連増。家電ストアは0.5%増となった。他方、アパレルは0.8%減、建築資材・園芸は0.6%減、スポーツ・趣味・書籍・音楽関連用品は1.8%減だった。

今回の統計では、全体の小売売上高から増加に転じた自動車・同部品を除くと、前月比0.2%増と、2月と同じ緩やかな伸びとなり、市場予想と一致したが、消費はそれほど強くないというのが市場の見方だ。ガソリンスタンドや自動車・同部品、建築資材、飲食レストランを除いた、コア小売売上高は前月比0.4%増と、2月の横ばいを上回ったものの、市場予想の0.5%増を下回った。

コア小売売上高はGDP(国内総生産)を構成する個人消費支出の財支出に組み込まれる重要な指標となっているが、3月の数値は市場予想ほど伸びなかった。コア小売売上高を見る限り、GDPの3分2を占める個人消費は1-3月期GDPをそれほど大きく押し上げるようには見えない。

市場の一部では1-3月期の個人消費は前期比年率換算1.0%増と、前期(17年10-12月期)の4.0%増から急減速し、GDP伸び率も2.0%増と、前期の2.9%増を下回るとの予想もあり、FRB(米連邦準備制度理事会)による年内の利上げペースが速まるとの見方は広がっていない。

<関連銘柄>

NASD投信<1545>、NYダウ投信<1546>、上場米国<1547>、

SPD500<1557>、国際VX中先<1561>、iS米超大型<1587>、

iS米小型<1588>、iS米高配当<1589>、iS米リート<1590>、

NYダウ<1679>、NYダウブル<2040>、NYダウベア<2041>

(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アマゾンの従業員、年収の中央値は300万円
今日は何の日: #4月24日 を振り返る! 「タイヤは3本あればいい」というのはさすがに...誰もが唖然としたショートビデオ
爆死案件が続々「クールジャパン」はこんなにひどいことになっていた
あらゆるものを資産化する「メルカリ経済圏」のポテンシャル
ランボルギーニのアヴェンタドールが生まれた背景はこんなに深かったーランボルギーニの全貌
  • このエントリーをはてなブックマークに追加