三本松、甲子園初勝利 打線爆発12安打9得点 下関国際下す

三本松、甲子園初勝利 打線爆発12安打9得点 下関国際下す

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

◇第99回全国高校野球選手権大会第6日・2回戦 三本松9―4下関国際(2017年8月13日 甲子園)

No image

<下関国際・三本松>4回表1無死、佐藤は左越え二塁打を放つ

第99回全国高校野球選手権大会第6日は13日、甲子園球場で2回戦の4試合が行われ、第2試合は24年ぶり出場の三本松(香川)が春夏通じて初出場の下関国際(山口)を9―4で撃破。甲子園初勝利を挙げ、3回戦進出を決めた。

三本松は初回無死三塁、多田の二ゴロの間に三走が生還し先制。2回は6番・渡辺に左中間へのソロ本塁打が飛び出した。4回は1死二、三塁から渡辺の犠飛、浦上の適時打で加点。6回には渡辺の適時打など3安打を集め3点を奪った。7回は1死二塁から4番・盛田が適時二塁打、9回も再び盛田が適時打を放つなど、最後まで攻撃の手を緩めなかった。

投げては先発・佐藤が4失点完投。テンポ良く、打たせて取る投球がさえた。

下関国際は5回から植野の適時打などで反撃開始。8回には3番・吉村にソロが飛び出し、一時は4点差にまで迫ったが、力及ばず。甲子園初勝利はならなかった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「スター不在」の甲子園を盛り上げる広陵の中村VS仙台育英
仙台育英、大阪桐蔭戦での「蹴り疑惑」 日本文理戦でもとネットで騒動拡大
【笑いあり涙あり】高校球児あるある70連発
大阪桐蔭悲運の一塁中川卓也、打者走者と交錯の伏線
大阪桐蔭 一塁ベース踏み忘れの中川が新主将「春夏連覇を」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加