凄腕ナンパ師の勝利の方程式を熟女合コンで実践してみた結果...

凄腕ナンパ師の勝利の方程式を熟女合コンで実践してみた結果...

  • @DIME
  • 更新日:2018/01/11

街コンに興味はあるが気後れして行けない、または行ったけれども何ひとつ成果を上げられずに惨敗。そんなアナタのために、凄腕ナンパ師JUN DMCが「街コン」における立ち回りのコツを伝授。また、ナンパ師JUN DMCとともに実際に街コンへと繰り出してきたので、その実践レポートもチェックしてもらえればと思う。「彼女を作るぞ!」という意気込みだけではなかなか上手く動けるものじゃない。ここでセオリーを押さえておけば、いざ勝負という時にグッと動きやすくなるだろう。

■勝負はパーティが始まる前から

No image

「だいたい街コンは並んで開場を待つことが多いのですが、勝負はすでに始まっています。周囲に気になる女性がいたら、話しかけて世間話でもしましょう。おそらくほとんどの人が無言で並んでいますから、世間話だけでも印象づけになります。知らない人ばかりが集まる街コンでは、まず覚えてもらうことが大事ですから。(JUN DMC)」

No image

「会場に入り、席についてもしばらく会はスタートしません。全員が入場し、落ち着くまでは時間があります。開場前の並びと同じで、ここでも周囲の人と話すのが良いでしょう。別に女性にアプローチをかけなくても良いんです。隣の男性とでも良いと思います。おそらく多くの人が大人しく無言で待っているだけなので、ただ会話をするだけでも充分に印象づけが出来ます。(JUN DMC)」

■空気を読みつつちょっと飛び出す

「出会いを求める多くの他人同士がひしめき合う場面での勝負ですから、とにかく印象づけが大事。そのために、開場前からコンタクトをとるなど他人と違う行動に出るわけですが、だからといって悪目立ちしないように気をつけてください。街コンはおとなしめ(会場では)の人が多く、オトナとしての立ちふるまいが出来ないと相手にされません。「うぇーい!」みたいなノリの人間は孤立し、淘汰されることがほとんど。パーティーピーポーでは戦えないのです。あくまで場の空気を壊さない範囲で、ちょっと周囲の人間より目立つ。街コンは、空気読み勝負です。(JUN DMC)」

■フリータイム攻略

「街コンにはだいたいフリータイムがあります。この時間に女性とパーソナルな話をして仲良くなるワケですが、フリータイムが上手くいくかどうかは、実はここまでの立ち回りでほぼ決まっています。これは自分と、街コンマニアである自分の先輩の経験から出た統計ですが、フリータイムで会話をすることになるお相手の女性は、その日の最初にコンタクトをとった女性であることがほとんどです。(JUN DMC)」

「フリータイムでお目当ての女性と会話をするためには、本来ならその他大勢のライバル達を押しのけていかなければならないところですが、先にコンタクトをとっておけば「あー! さっきの!」みたいな感じで自然と女性に声をかけられます。そうすると、仮にその女性が他の男性と会話していたとしても「あ、お知り合いが来たんですね」という具合に男性はサーッとはけてくれますし、女性の方も「知り合いが来た」みたいな感じで迎えてくれます。本当は、さっきちょっと話しただけで、みんな他人同士なんですけどね。なので、あたかも「知り合いですよねー!」という空気を出していくと良いでしょう。(JUN DMC)」

■当日のゴールは『二次会』が大多数

No image

「街コン当日は、そのまま二次会に行けたら成功と思っておくと良いかも知れません。「まあ良い雰囲気だったら二次会まで…」という女性が多いように思います。相手のことを知るのに、たかだか2、3時間の街コンでは短すぎるのでしょうね。じっくり話し込める感じでもないですし。なので、会場付近の飲食店をチェックしておくなど、事前に準備しておいてください。予約まですることはないと思いますが、あまり「どこいくー?」とモタモタしたくはないですからね。(JUN DMC)」

「あ、ちなみにですが、その日のうちに最後までイッちゃおうなんて、思わない方が良いです。基本、街コンはちゃんと付き合えるパートナーを探しに来ている人が多いですから、ワンナイトラブ狙いは難しいです。まァ、街コンも色んな種類がありますから、中には男女ともにヤリモク(体目当て)が多いところもあるかも知れないですけどね。そこは場の空気を読んで、ご自分の判断でドーゾ。(JUN DMC)」

■終盤に焦るのは男だけじゃない

「街コン終盤まで連絡先交換も出来ずにきてしまうと焦ってきますが、それは何も男性側に限ったことではありません。女性だって、出会いを求めてわざわざ出張って来ているのです。何の成果もなく帰りたくはないでしょう。終盤までお目当ての女性が見つかっていないのであれば、同じような状況にある女性を探すのも手ですね。女性の方から積極的に声をかけてくることも少なくないです。(JUN DMC)」

■いざ実践! レッツゴー「熟女合コン」

No image

もろもろのテクニックを実践で試すべく、凄腕ナンパ師JUN DMCを引き連れて街コンに潜入。今回筆者が選択した街コンは「熟女合コン」。街コンにおける立ち回りの実践検証にしては、ちょっと尖りすぎではないかと思われるだろう。まったくその通りであるが、どんな街コンでも対応できてこそのテクニックでありセオリーである、との信念のもとの判断……、という言い訳をしてでも筆者はこの街コンに参加したかったのだ。とある界隈では有名な街コンで、主催者の折原ゆかりさんを筆頭に魅力的な熟女セクシー女優さんたちや、芸人さんなど個性的なキャラクターの人間が、パーティを盛り上げる要員として多数参加。また、毎回多くのカップルを成立させており、街コンとしての実績にも定評があるのだ。今回で一旦終了するということで、無理やりに本企画を関連づけて突撃した次第である。

■先陣を切る勇気

凄腕ナンパ師JUN DMCは仕事で遅れるというので、開場前の並びから開場後しばらくの間、ひとりで実践せねばならなくなった。非常に心細い。いくら凄腕でもナンパ師で収入は得られず、やつも食うために堅気の仕事をしなきゃならんのは百も承知だが、まるで思春期の中学生みたいに繊細な筆者をこんな場面で一人にするなんて、とついつい恨み節が出てしまう。

ともあれJUN DMCの教え通り、開場前の並び、および会場内での開場までの待ち時間に、果敢に話しかけてみた。その結果、分かったことがある。

めっちゃ勇気いる!

JUN DMCの言う通り、会話をしている人はほとんどいない。ということは、つまり静かなのだ。しかも、みんなボーっとしているワケではない。あたりを物色するようにソワソワしている。そんな中で誰かに話しかければ、自ずとものすごく注目されるのだ。とてもリラックスして会話ができる環境ではない。よって、筆者のようなナイーブさんがこの場面でする会話はほぼ一択である。

『いやー、なんだか緊張しますね』だ。

無理に会話を弾ませようなんて思っても無理である。この場面でそんなことができるなら、きっと街コンに参加しようなんて思ってないはずだ。ここはひとつ、素直に思ったままを伝えられたらオッケーとしよう。

■熟女合コンスタート

No image

まずは今回のルール説明。ドリンクのシステムなど細かいところも色々とあるが、要となるところを1点だけ。

No image

参加者は渡されたネームプレートの指定に従い、赤か青にそれぞれ振り分けられる。赤のエリアにいた人は一定時間で青へ、青にいた人は赤へと移動。できる限り多くの人とコミュニケーションをとれるようにという配慮だ。形は変われど、多くの街コンでこうしたチャンスの均等化が図られている。

チャンスが均等なのは大変結構なのだが、それだけにここで抜きん出るのは難しい。時間も限られていることだし、大概が挨拶程度の会話で終わってしまう。JUN DMCが言うように、ここで多少なりとも実のある会話をするためには、やはり開場前のコンタクトが重要になりそうだ。そこで軽い挨拶でも交わしておけば、スムーズに内容のある話に進みやすいだろう。

■フリータイムでナンパ師到着

フリータイムが始まった。ナンパ師のセオリーに近い動きをしたつもりだが、残念ながら筆者はお目当てと言える女性は定まっていない。知り合いの編集者(男性)とばったり会って話し込んでしまった、男性が多かったなどの言い訳があり、これはしょうがないかなと思っていたのだが、遅れて到着したJUN DMCの立ち回りを見て、間違いに気がつくことに。

No image

まず明るい。ひときわ声がデカいとか、はしゃいでるとかではないのだが、リアクションの動きや笑顔が、まわりより一段階大きい。

そして気配り。話している相手の飲み物がなくなると「あ、飲み物だいじょぶっすか?」などと声をかける。JUN DMCはすべての人を笑顔にしたいという、ちょっと変わったナンパ師なので、相手が男性でも構わず気配りを見せる。細かい技術やセオリーは、その場その場で我々が動くために大変参考になるが、一番大事なのはこういうところなのかな、と思わされた。

JUN DMCは言う。

「結局はシンプルなんですよね。女性と仲良くなるためのテクニックは色々とありますけど、それも実は単なる気遣いだったりすることが多いです。思いついた気配りを臆せず実行すれば、相手は悪い気はしないはずですから。(JUN DMC)」

■熟女合コンを終えて

結果から言うとパートナーをゲットすることはなかった。JUN DMCと親しい人間が多数参加していたため、途中からは知り合いとパーティを楽しむ場と化してしまったためだが、彼の近くには、彼と話したいがために寄ってきた人が常にいた。やはり、最後の最後で肝心なのは、その人の魅力なのだろうと思う。だが、筆者のような日陰者であっても、意識次第で魅力的に見えるように努力はできる。笑顔、嬉しさや喜びを素直に伝える、ハッキリしゃべる、気遣いを見せる。どれも当たり前のようでいて、自然とこなすには難しいかもしれない。だが、街コンはせいぜい2、3時間。その間だけ意識的に行うというならば、出来そうではないだろうか。前述のテクニックに加えて、こうした『魅力的な人間』の演出が出来れば、街コン成功率もアップするだろう。まぁ無理しすぎてもボロが出るので、あくまで出来る範囲で。

それでは、皆の健闘を祈る!!

【取材協力】

No image

JUN DMC

ナンパが持つネガティブなイメージを払拭するために、さわやかナンパの普及に勤しむ。HIPHOPを愛するB-BOY。
Twitter:@jun_nanpa
ブログ:http://blog.livedoor.jp/jundmc

No image

折原ゆかり

2017年6月で10年目のベテランセクシー女優。熟女合コンを始め、様々な企画をプロデュースしている。
Twitter:@yukari_orihara
ブログ:http://blog.livedoor.jp/yukarioriharahttp://ameblo.jp/yukari--orihara

取材・文/太田史郎(おおた・ふみお)

フリー編集&ライター。最新モノ情報はもちろん、スポーツ、音楽&ダンス事情にも詳しい。

※記事内のデータ等については取材時のものです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
本気だよ。君らの給料を業界トップにする
アサイン、イシュー?その言葉の意味、わかっていますか
突然失業してしまったら、まず何をすれば良い?
「スペックにとらわれていたのは自分だった...。」東京での婚活に奮闘したエリート男が、最後に辿り着いた答え
  • このエントリーをはてなブックマークに追加