最新ランキングをチェックしよう

駐韓大使に冨田氏起用へ 関係悪化の中で重要任務

  • 産経ニュース
  • 更新日:2019/08/14

政府は長嶺安政駐韓国大使(65)を交代させ、後任に外務省の元北米局長で金融・世界経済に関する首脳会合担当大使の冨田浩司氏(61)を充てる方針を固めたことが14日、分かった。韓国政府の事前同意を得て正式決定する。いわゆる徴用工判決をはじめ、韓国側がつくり出した数々の問題で日韓関係が悪化する中、最前線で日本の立場を主張する重要任務を担う。
 冨田氏は東大法学部卒。平成16年8月から在韓国大使館参事官、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
G7サミット、開幕へ=足並み乱れも-安倍首相がフランス入り
横浜にカジノが必要ない理由
GSOMIA破棄 安倍首相の発言全文
【報ステ】“ハマの首領”IR「命を張っても反対」
GSOMIA破棄、冷静な対応 与野党が支持
  • このエントリーをはてなブックマークに追加