勝村政信演じる加地秀樹が「ドクターX」最終回に満を持して登場! 大門未知子との絶妙な掛け合いに期待

勝村政信演じる加地秀樹が「ドクターX」最終回に満を持して登場! 大門未知子との絶妙な掛け合いに期待

  • TVガイド
  • 更新日:2017/12/07
No image

テレビ朝日系で放送中の連続ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(木曜午後9:00)」の12月14日放送・最終回で、勝村政信が演じる“腹腔(ふくくう)鏡の魔術師”こと、外科医・加地秀樹が帰ってくることが明らかになった。金には汚いが腕は抜群で、スピンオフドラマ「ドクターY~外科医・加地秀樹~」が制作されるほどの人気キャラクターとなった加地。名物の一つとなっていた大門未知子(米倉涼子)と、加地との絶妙な掛け合いも久しぶりに堪能できそうだ。

同ドラマの撮影に久しぶりに参加した勝村は、心なしか顔色が優れない様子で、米倉いわく、「あれほどのベテラン俳優が、初日はすごく緊張してカッチンコッチンになってらっしゃったんですよ! なにせ今シリーズからは若手医師も登場して、どんどん世代交代が進んでますからね(笑)」とちゃかすほど。ベテランらしからぬ緊張ぶりだった勝村は、「僕がいなかった間に確立された、今回のシリーズならではの時間の進み方とチーム性になじんでいくのは大変!」と、心中を告白し、「撮影は間もなく終わりますけど、今も緊張しています」と苦笑いした。

未知子との掛け合いについては、「相変わらず面白かったです。加地は彼女の能力に圧倒されつつも、それを完全には認めたくない。その意地みたいなものが根底にあるからこそ、ほかのキャラクターとは違う関係性が築かれていると思うんです」と、両者間にある絶妙な距離感を指摘し、「まぁ、そんな2人も第1シリーズではデートらしきものをして、ちょっといい感じになりそうな雰囲気も一瞬あったんですけどね。ただ、あの時に加地がブルーの長いマフラーをしていまして…。未知子はあの格好が気に入らなかった、という話が今回の撮影の合間に飛び出したんですよ(笑)。最終回でも加地はまた長いマフラーをして登場しますし、未知子と加地の関係はずっとこのままでしょうね」と、ちょっと意外な裏話を披露した。「でも、視聴者の皆さんにとっても、この距離感がいいんだと思います」と、そんな2人の関係を好ましく感じているようだ。

最終回では、「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)が重篤な食道がんであることが分かり、医局の面々が失敗を恐れて二の足を踏む中、加地が執刀医に名乗りを上げるという展開となる。勝村は「満を持して出たわりには、相変わらずなんですよね~。失敗しないのではなく、負ける戦いはしない“加地の安定の逃げっぷり”を今回もご覧いただけるのではないか」とニヤリ。さらには、「未知子が倒れるという局面が訪れる中、思いもよらぬ出来事もあり、ちょっと切ない加地も見られるかと思います」と見どころを語り、クライマックスへの期待をあおった。

キーワード

ドクターX~外科医・大門未知子~

勝村政信

米倉涼子

草刈正雄

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大門未知子死なず最終回「ドクターX」後、続編の声
ドキンちゃん後任は冨永みーな、ロールパンナと兼任
西島秀俊は『取り扱い注意』? 日テレが“タブー破り“で、ドラマ続編決定も黄色信号
久本雅美&加藤綾子MC「妄想ふくらむフグ女たち」。滝沢カレン、ブルゾンちえみらが男性に好き勝手な妄想をぶつける!?
とんねるずが頭を下げて「謝罪」、みなおか終了にファン悲痛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加