高梨沙羅3位「悔しい」 歴代単独最多54勝目またもお預け 自己ワーストタイ6戦連続Vなし

高梨沙羅3位「悔しい」 歴代単独最多54勝目またもお預け 自己ワーストタイ6戦連続Vなし

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/13

ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子は13日、札幌市宮の森で個人第5戦(ヒルサイズ=HS100メートル)が行われ、ジャンプの男女を通じて歴代単独最多となる54勝目が懸かる高梨沙羅(21=クラレ)は、93メートル、93メートルの合計238・2点で3位だった。

No image

<女子スキージャンプW杯札幌大会>3位入賞を果たし、笑顔の高梨沙羅(右)。左は2位アルトハウス、中央は優勝のルンビ

高梨は「悔しい。納得いく内容ではなかった」と肩を落とした。12日の公式練習から少しスキーの開きが気になる感覚があったそうで「気をつけながら飛んだが、同じような失敗をしてしまった」と唇をかんだ。

優勝はマーレン・ルンビ(ノルウェー)で、今季3勝目。

昨年2月に男子のグレゴア・シュリーレンツァウアー(28=オーストリア)が持つジャンプW杯歴代最多勝記録に並んだが、直後のシーズン最終戦で2位に終わると、今季も前戦第4戦まで未勝利。前日12日の予選を1位で通過し、今季初勝利、歴代単独最多勝利記録達成への期待が高まったが、1本目は4位、2本目も大きく距離を伸ばせず。表彰台には届いたものの優勝はならなかった。

昨季最終戦と合わせて6戦連続優勝なしは、自己ワーストタイ。

その他日本勢は、伊藤有希(23=土屋ホーム)が4位、勢藤優花(20=北海道ハイテクAC)が11位、岩佐明香(21)が15位、小林諭果(23=CHINTAI)が27位、茂野美咲(31=CHINTAI)が28位だった。平昌五輪代表の岩渕香里(24=北野建設)はスーツの規定違反で失格となった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
20年ぶりのカーリング男子五輪出場を支えた軽井沢の町民と地元企業
ISU四大陸フィギュアスケート選手権2018 女子シングルの見どころ
ISU四大陸選手権2018 ペアの見どころ
坂本泣いちゃった...公式練習でジャンプミス相次ぎ「心折れた」
坂本花織ミス連発に涙「心が折れまくってた」 5分以上の“公開説教”も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加