ダイハツ「ハイゼット カーゴ」がマイナーチェンジ、改良の目玉は?

ダイハツ「ハイゼット カーゴ」がマイナーチェンジ、改良の目玉は?

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/11/13
No image

●安全がクルマ選びの鍵に? 軽商用車で初めて「スマアシⅢ」を採用

ダイハツ工業は軽商用車「ハイゼット カーゴ」および軽乗用車「アトレー ワゴン」をマイナーチェンジして発売した。「マイナーチェンジと言えどフルモデルチェンジに近い」(ダイハツの松林淳専務)という今回の改良だが、目玉は衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」の採用だ。

○全面改良に近い追加要素

1960年に発売となった軽商用車「ハイゼット」は、農業や建設業、配送業など、幅広い業種で使われるクルマで、累計生産台数は400万台を超える。ダイハツにとって最も歴史のあるモデルだ。

ハイゼット カーゴは1961年の発売で、現行モデルは10代目となる。フルモデルチェンジからは13年が経過しているが、ダイハツ取締役で専務執行役員の松林淳氏は、「マイナーチェンジと言えどフルモデルチェンジに近いくらい色んなアイテムを盛り込んだ」と今回の改良に胸を張る。

外観を一新したほか、こすりやすいバンパーの角の部分を着脱可能な「コーナーピース」とするなど改良点は多いが、マイナーチェンジの目玉はステレオカメラを用いた衝突回避支援システム「スマートアシストⅢ」(スマアシⅢ)の採用だろう。

○安全装備の充実を打ち出す自動車メーカー

昨今、新車の発売やモデルチェンジでメーカーが安全面を強調する事例が増えている。例えばホンダは、軽自動車「N-BOX」のフルモデルチェンジで安全運転支援システム「ホンダセンシング(Honda SENSING)」を全タイプ標準装備としていたし、ダイハツも軽乗用車「ミラ イース」をフルモデルチェンジした際、低価格や低燃費といった従来の競争軸を押さえた上で、「安心・安全」を新たな軸とするとして「スマアシⅢ」の初採用を強調していた。

軽商用車にとっても、安心・安全は重要な競争軸になっているようだ。

●働くクルマに不可欠な安全装備

○50年超の歴史を持つハイゼット、変わるユーザー像

ダイハツによると、ハイゼット カーゴが属する軽キャブバン市場の規模は、ここ10年で大きく変わらず、19万台前後で推移しているという。しかし、ハイゼット カーゴはフルモデルチェンジから13年が経過し、使われ方や使う人が変わっているようだ。ダイハツはマイナーチェンジに際して、社会情勢の調査やユーザー調査などをしながら企画立案を行った。

ダイハツの調査によれば、ハイゼット カーゴを使う業界ではユーザーの忙しさが増している。例えば東京オリンピックを控えた建設業であったり、ECが増えた配送業であったりといった具合だ。使う人は高齢化しつつあり、就業率が向上している女性が運転するケースも増えているという。そんな状況もあって、クルマの「安心・安全」に対するユーザーの関心がますます高まっているそうだ。

○事業主にとっても買いたいクルマに?

ダイハツが今回、軽商用車としては初めて搭載した「スマアシⅢ」は、ステレオカメラにより、歩行者も認識して作動する衝突回避支援ブレーキが特長だ。他にも車線逸脱警報機能であったり、誤発進抑制制御(前・後方)といった機能がある。

ダイハツ広報に聞くと、例えば事業主として軽商用車を購入する顧客は、客先に出向くクルマで事故などを起こしたくないという意識があるので、安全装備を欲しがるケースが多いという。また、そもそも法人向け車両を供給しようと考えた場合、対人のブレーキ支援が付いていなければ、そもそも入札に参加できないというケースも存在するそうだ。

軽自動車は価格の上昇が販売に大きく響く車種なので、新たな装備を搭載するにも制約があるはずだ。しかしダイハツでは、「先進技術を皆のものに」(松林専務)という考えのもと、「軽自動車やコンパクトカーなど、より経済性を重視されるカテゴリーでも、顧客に喜んでもらえる機能と価格で、これらの(先進)装備を届けること」(同)を重視していくという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
信用調査マンが解説する“企業の壊れ方”
東京モーターショー2017──EV開発競争の現状は?
東芝が6000億円の増資決定 上場廃止回避へ
要らぬなら殺してしまえ「完成規則」
MT車が予想以上のバカ売れ...ホンダ シビック 新型、受注の半数近くがMT車に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加