最新ランキングをチェックしよう
星槎道都大 6回目の出場で初の神宮大会1勝 ラッキーボーイは2年生

星槎道都大 6回目の出場で初の神宮大会1勝 ラッキーボーイは2年生

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/12

◇明治神宮野球大会大学の部 ▽準々決勝 星槎道都大1―0創価大(2017年11月12日 神宮)
 6回目の出場で初の神宮大会1勝を挙げた星槎道都大でラッキーボーイとなったのが2年生の生田目(なばため)忍内野手。6回、死球で出塁すると2死一、三塁の三塁走者で投手の暴投で本塁を陥れた。これが決勝点となった。
 兄は2年前の大学選手権で流通経大のエースとして準優勝し、日通に入社して今夏の都市対抗では抑え

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ソフトB甲斐、フル代表に
メジャー通算51勝の大物ジーは活躍するか 中日の2018年助っ人陣容
糸井にオーバーワーク禁止令 昨年のキャンプ別メニューから教訓
痛みで箸が持てないことも...鷹の154キロ18歳左腕が胸中激白、手術回避の理由
ロッテ田村にノルマ打率.280“ずっと8番じゃダメ”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加