「勝負強さは持っている」履正社高から横浜FM入り、FW町野修斗が見せた“緊張”と“自信”

「勝負強さは持っている」履正社高から横浜FM入り、FW町野修斗が見せた“緊張”と“自信”

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/01/14
No image

緊張した面持ちを見せつつも、意気込みからは自信があふれていた。履正社高から横浜F・マリノスに加入するFW町野修斗は新体制発表会の壇上で、「活躍するので応援してください」と高らかに宣言。“勝負強さ”を持ち味と語る18歳は、1年目の開幕戦から結果にこだわる構えだ。

「前日から緊張してましたが、ようやく乗り越えた」。三重県生まれの点取り屋は発表会後の取材に対し、照れ笑いを浮かべながら心中を明かした。もっとも、それは「こういう場には慣れていない」からであって、けっして萎縮しているわけではない。「試合に使ってもらったら、自分が絶対にゴールを決めたい」「開幕から狙っていきたい」。淡々とした口ぶりだったが、自信に満ちた言葉がたびたび飛び出した。

自らのプレースタイルを「名前にもある『シュート』が持ち味」と話し、「足元の技術も自信があるので、中盤での“つくり”にも参加して、最後にゴールを決める」と総合力を誇る。さらに「勝負強さは持っている」とアピール。高校で出番をつかむきっかけとなった1年時、高円宮杯プレミアリーグWEST京都U-18戦(○3-2)での決勝ゴールを例に挙げ、「肝心なところで決めてきた」と胸を張った。

とはいえ、高校最後の大舞台となった“選手権”は大阪府予選決勝で大阪桐蔭高に敗れ、全国大会をテレビで見つめていた。「ここに立っていてもおかしくないのに、ここに立てていないのが現状。プロの生活がスタートしたけど、決勝でゴールを決められるような選手になりたい」。いまもなお残る悔しさを胸に、自らの勝負強さに磨きをかけようとしている。

横浜FMに加入したきっかけは「スカウトが遠くまで試合に足を運んで来てくれて、期待してくれていると感じた」ため。トップチームのキャンプに参加した際には、MF喜田拓也から直々に「一緒にやろうという言葉があってうれしかった」という。これまで積み重ねてきた自信と周囲の期待を背負って、横浜の『シュート』が第一歩を踏み出した。

(取材・文 竹内達也)

●2018シーズン新体制&背番号一覧

●2018年Jリーグ移籍情報

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
第2の香川育てる!G大阪・クルピ新監督「同じことをできれば」
小林、杉本、興梠・・・ J1得点ランク上位3人は何本のシュートを放ったのか
スケールは稲本、福西クラス。U-21最年少の伊藤洋輝が衝撃プレー
【ガンバ革新】高校2年生の大器、中村敬斗はなぜ浪速の雄を選んだのか
J1復帰の湘南ベルマーレ監督と清宮パパの意外な友情の絆
  • このエントリーをはてなブックマークに追加