ペットロスカフェ併設のペットエンディング専門店「DEARPET東京本店」がオープン!

ペットロスカフェ併設のペットエンディング専門店「DEARPET東京本店」がオープン!

  • RBB TODAY
  • 更新日:2019/02/01
No image

ペットロスカフェ併設のペットエンディング専門店「DEARPET東京本店」がオープン!

もっと画像を見る

ペットエンディング専門店「DEARPET」が東京・神宮前にオープンした。同店はペットの仏壇仏具などを販売するショップだが、オンラインショップのほかに実店舗を4店舗展開している。

No image

「DEARPET東京本店」

1日には東京本店で記者会見が開催された。同社は2002年11月、石材店として創業し、主にオンラインショップ、実店舗でで400社へペット仏壇・仏具を卸している。売上高は3億5千万円。社長の仁部武士氏いわく「10年間でのべ8万人のペット供養を行ってきた」という。

No image

代表取締役の仁部武士氏

現在ペットは高齢化の時代に直面している。仁部氏は「この10年間で多くのペットが亡くなり、多くの飼い主がペットロスに苦しむだろうと予想される」と話す。会見では、ペットを失った飼い主の63.2%が何らかの不調を感じ、68%が後悔していることがあると回答している資料が提示あれた。そして、その悲しみを癒す方法としては約60%の人が時間の経過を待つしかないとしているという。

同店舗のスタッフはペットを亡くした人をサポートできるように「動物葬祭ディレクター」の資格を取得しているという。

同店舗では地下1階にペット仏壇仏具の販売ショップ、1階にペットの話などをすることができるペットロスカフェ、2階に供養祭、ワークショップ、セミナーなどを開催できるセレモニーホールを設けている。

地下のショップで販売されるペット専用仏壇仏具は約1000種類。骨壺からクセサリーまで様々な商品が用意されている。

No image

地下1階はペット仏壇仏具専門店。約1000種類の商品が用意されている

No image

骨壺

No image

仏壇

No image
No image
No image
No image
No image
No image

1Fのカフェではラテアート付きの飲み物も有料で用意されている。会見時に飲んだカップには、飲み終わると底に「いつかまた会おうね」という言葉が書かれていた。

No image
No image
No image
No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「これは一体何なんだ」台所で発見された小さなネズミのような生物が物議をかもす!
「新しい家族が決まったよ」と聞いた保護犬が嬉しそう
オオカミと深い信頼関係で結ばれた女性。キスをしたり、お腹を見せて甘えたり、まるで犬のような懐きっぷりにびっくり!
「どうして僕を置いていくの?」自分が捨てられるとは知らず、飼い主に何度突き放されても尻尾を振りじゃれつく犬。健気に車を追いかける姿に心が痛む
これからも一緒に、楽しく仲良く過ごそうね 柴犬の「小豆」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加