年俸50億円のテベスが中国サッカーを痛烈批判 「50年経っても同じレベルに達しない」

年俸50億円のテベスが中国サッカーを痛烈批判 「50年経っても同じレベルに達しない」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/09/22
No image

今季から上海申花でプレー “世界最高給”選手も体重オーバーなどで物議

現在の世界最高給プレーヤーである上海申花の元アルゼンチン代表FWカルロス・テベスが、フランスのTV局「SFR」のインタビューに応じ、「50年経っても同じレベルに達しない」と中国サッカーを痛烈に批判している。

英高級紙「ガーディアン」によるとテベスは週給63万ポンド(約9600万円)、年俸換算で約50億円の巨額報酬を受け取る、世界で最も給料の高いプレーヤーになっている。しかし、今年1月の上海申花への加入後は13試合出場3ゴールと期待を裏切り、体重オーバーを指摘されるなど物議も呼んでいる。

そのテベスだが、中国サッカーの技術力の低さは育成環境に問題があると指摘している。

「中国人選手は欧州や南米の選手のように、自然に技術を学ぶということがない。子どもの頃にサッカーを学んだ選手のようにはできないんだ。彼らは“グッドプレーヤー”ではない。50年経ったとしても、同じようなレベルで競争できるとは思えないね」

テベスは2年契約で加入したが、1年目が終了する今年の年末でアルゼンチンのボカ・ジュニアーズに復帰する可能性があると報じられ続けている。高給を受け取りながら中国サッカーへの不満と問題点を率直に指摘したテベスは、このまま彼自身の目から見て“50年以上もレベルが低い”中国を去ることになるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<サッカー>中国と韓国が親善試合を希望した国、結局選んだのは日本
「女子高生ミスコン」各都道府県の“一番かわいい女子高生”全て発表 セミファナリスト66人が出揃う<日本一かわいい女子高生>
獲得タイトルは驚愕の57個! 浦和がACL決勝で戦う「アル・ヒラル」ってどんなクラブ?
「ドローンで太平洋を横断できたやつが優勝」―というレースが話題、日本から米国へ
人類は84年前に比べてどれだけ速く泳げるようになったのか分かる動画が想像以上にヤバい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加