語ろう“スーパー戦隊”! 「大事なことは全てスーパー戦隊から教わった」ゲスト・宮島咲良×出口博之スペシャル対談!!

語ろう“スーパー戦隊”! 「大事なことは全てスーパー戦隊から教わった」ゲスト・宮島咲良×出口博之スペシャル対談!!

  • おたぽる
  • 更新日:2016/11/30
No image

特撮の本丸で殿堂である、東映が手掛ける24時間×365日いつでも“東映特撮”が楽しめるアプリサービス「東映特撮ファンクラブ」内でもコラム連載を始めるなど、公式にも認められつつある、モノブライト出口博之氏の特撮愛。

その溢れんばかりの愛を語る本コラム【モノブライト出口博之の特撮自由帳】ですが、今回は普段とはちょっと趣向を変えて、ゲストを招いてのスペシャル対談をお届け!

ゲストとしてお招きした宮島咲良さんはモデル、KBC九州朝日放送の元局アナで、現在はフリーアナウンサー、タレントとして活動する一方で、大のスーパー戦隊ヒーロー好きでも有名。その愛は極めて深く、『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(2015年)の挿入歌「忍ばず わっしょい!シュリケンジン」の歌唱を高取ヒデアキと共に担当するほど。

そんな宮島さんをゲストに招いた対談は、以前から2人が実は“特撮仲間”であったこと、そして年齢も近いこともあってとても良い感じにスイング。対談は語れども語れども、なかなか終わらず、対談場所を用意してくれたマネージャー氏や担当記者の顔色が悪くなるほどノリノリで互いの特撮愛、そして“スーパー戦隊”が人生において、いかに重要かを語ってくれました!

■人の肌にはもう飽きた!? やっぱツルツル感が……
出口博之(以下、「出口」) まずは、“女性から見た「特撮の魅力とは」”からお話できればと。やっぱちょっと特殊だと思うし。

宮島咲良(以下、「宮島」) そうですね、またその中でも私は変わっているほうだと思いますけど。

出口今は俳優さんから好きになる人が結構多いけど、宮島さんはあくまでヒーローが好きなんですよね?

宮島中の人ではなくヒーローが好きです。ツルツル感がいいというか……人の肌が飽きたのかも(笑)。

出口生っぽさ、生物感にはもう飽きたと(笑)。宮島さんは『秘密戦隊ゴレンジャー』(75~77年)好きで有名だけど、最初から『ゴレンジャー』が好きだったの?

宮島最初は音楽から入っているんです。子どもの頃ころ見ていたんですけど、一回離れて。大人になってから、「進めゴレンジャー」をたまたま聞いたときに「これはすごいな」「渡辺(宙明)先生、やっぱり凄いな」と思いまして。そこから、他の曲はどうなんだろうと挿入歌も全部聴いたんですけど、どれも格好いい! そこから、各曲がどんなシーンで曲が使われているのかが気になって、『ゴレンジャー』を全部見直したんです。

出口あ~なるほど。この格好いい曲は、映像も一緒に見たらもっと格好いいんじゃない? と。

宮島そう、どんな風に映像とリンクしているのか……私、「とべ!バリブルーン」が、(声色を変えて)「3、2、1、0、GO!」の部分が、鳥肌が立つぐらい本当に大好きで。新命明とバリブルーンとの絆に、この曲がどれだけ花を添えていることかと思うんです。

出口形態的に格好いいとか、可愛いじゃなくて、昭和的な格好良さがあるよね。それは子どもの頃から、特撮に限らずアニメとかマンガとかにしても、好きになるのはそういう熱さがあるタイプが多かったの?

No image

宮島そうですね。いわゆる女の子が好きになるような女の子向けのマンガとかには全然ハマらなくて。私、少女マンガを読むと、お腹を壊すんですよ。

出口それは絵柄? それとも世界観とかストーリー?

宮島リアルじゃないですか、学生生活の中での恋愛話――いなくなって初めて気づいたとか、あの人がやっぱり好きみたいなものが、体に合わない(笑)。マンガにしても、少年マンガばかりでしたね。一人っ子でしたから、兄の影響みたいなことはないんですけど。

出口へぇ~。あれ、出身は九州なんだっけ?

宮島アナウンサーになってからの3年間だけ九州にいて。出身は東京の江戸川区です、『寅さん(『男はつらいよ』シリーズ主人公)』を見て育ちましたから。

出口ああ、なるほど。それは結構大きいというか、根深い感じがするね。根がそこにあるんだな。

宮島根深いと思いますね。高層ビル、オシャレなスポットとか、スタイリッシュさはなくて、泥くさいかもしれないけれど、熱さというものを持っているんだよと。

出口人間味があるといか。昭和臭がするものが好きなのかも。

■“ザ・ヒーローソング”という定番が好き!

出口小さいころ、たとえば小学生のころとかに見ていた戦隊モノは覚えているの?

宮島誕生日が来て今年33歳になったんですが、一番見ていたのが小学生の頃だったと思います。『鳥人戦隊ジェットマン』(91年)、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(92年)、『五星戦隊ダイレンジャー』(93年)、『忍者戦隊カクレンジャー』(94年)あたりですね。

No image

出口『カクレンジャー』の曲で面白い話があって。DJ界隈で、ちょっと前からにぎわっているレア・グルーヴという、皆が知っているわけではない曲の中に、とんでもなく格好いい曲があるぞ、と発掘するようなジャンルがあって。その流れの中で、昔のアニソンがすごくいいぞ、めっちゃディスコじゃん! みたいな再発見の波があるんです。スーパー戦隊の曲も、皆がその凄さに気づきつつあったんだけど、とあるDJの人が海外に行って、現地のDJとかと一緒にツアーに出かけたんだって。そこでその日本人がたまたま『カクレンジャー』の曲をかけたと。

宮島なんでたまたま『カクレンジャー』の曲をかけるんですか、そこでもうすごくないですか?

出口自分のミックスCDの中に、「アニメの曲」とか「戦隊の曲」とか沢山曲があって、そこから『カクレンジャー』の「シークレットカクレンジャー」をかけたみたところ、現地のDJが「これ、とんでもないぞ!」と皆食いついてくると。

宮島ええー!?

出口ニュージャックスウィングというジャンルの音楽があるんだけれども、そこのオマージュが音とかリズムのとり方だったりとかに入っていて、さらに和楽器の音とか、“忍者”とかが入ってくるから。

宮島そっか、海外の人の大好物ですね。

出口だから「何だこれは、何の曲だ!?」と。パッと聴きでも、音楽をやっている人、音楽を全く知らない人でも、そのすごさが分かるぐらいに曲のクオリティが高い! と。

宮島それはやっぱり全体にいえることですよね、きっと。

出口そうね、スーパー戦隊に限らず特撮の音って、お約束じゃん。特にスーパー戦隊に関していえば、曲に名前も入ってくるし、“ザ・ヒーローソング”という感じで。

宮島そう。だから好きなんです。

出口全然スタイリッシュじゃないかもしれないけどそこに、格好良さが、実はあるというのが……男子は“憧れのお兄さん”みたいなところで、強く憧れを抱いたりはするんだけど、そこでそういう格好良さが女性にきちんと刺さるというのは、すごく大事なことだと思う。

宮島女性でもちゃんと聴けば、きちんと刺さるという人も結構いると思うんですよ。ただ、スーパー戦隊、特撮は「基本的に男の子のモノだ」みたいなことを植えつけられているんですよ、女の子は。女の子だったら『プリキュア!』、私らの世代だったら『セーラームーン』に振り分けられちゃいますから。

出口逆に男の子でも『プリキュア!』のおもちゃが欲しいという子だっているだろうし、それの本質がわかれば、本来どっちでもいいんだよね。

ただ、今のお話で、宮島さんが人情味のある、終盤はちょっとドン臭い感じもある、というほうが好きという理由がつかめたというか……これまで色んな話をしてきたけど、今回その根っこが見えて、すごく腑に落ちた感がありましたね。

宮島いつもどうでもいいことしか話していませんからね(笑)。

■憧れは寅さんみたいな、昭和感のあるヒーロー

出口ほかの特撮はどう見てるの? 『ウルトラマン』『ライダー』、今だったら『牙狼』シリーズもあるけど。

No image

宮島そうですね……最初に入ったのが音楽でしたし、今でもスーパー戦隊が一番、ヒーローソングらしいヒーローソングをいつもすごくしっかり作ってらっしゃるから、好きなんです。

だから、『ライダー』は戦隊と一緒に見ますけれど、『ウルトラマン』や『牙狼』にはまだ手を伸ばせていなくて。これから造詣を深めていきたいと思っています。そこからまた戦隊に持って帰ってこれるものがあれば、これから若い女の子たちに教える……教えるっておこがましいですけど、面白さを伝えるためのプラスになるもの、という感じですね、私にとっては。

出口俺も曲から入ったところもあるかな。曲自体はシャープではなかったりするんだけど。

宮島シャープじゃないのがいいんですよ! シャープはシャープでいいんですよ。でも下町出身の昭和の女なので、あの手作り感が落ち着くんです。

だから、よく「戦隊を見たいんだけど、何から見たのいいの?」「戦隊、どこがいいの?」と興味を持ってくれた女の子から聞かれたりするんです。そこで『ゴレンジャンー』であれば、「ゴレンジャーストーム」や「ハリケーン」という必殺技ではなく、「必殺技なのにバレーボールを金色に塗っただけなんだよ」とか、「飛んでいるときは必ず人形が飛んでいるから、糸とか見えちゃうよ」とか、あえてそういうところを教えますね。「え、じゃ実際の映像はどうなっているんだろう?」と気になって、映像を見てくれたりするんです。

出口たしかにそうかもね、突っ込みどころが多いというか、工夫したあとが見えるというか。それに加えて街並みや車なんかで、それぞれの時代が感じられて、同世代だと話がしやすかったりすることもあるし。ここ最近のスーパー戦隊で、時代を感じるというのは少ないだろうけど、熱さとか昭和的な面白さを感じるものとかある?

宮島それこそ『ニンニンジャー』ですね。『ゴレンジャー』が一番好きですけど、『ニンニンジャー』の挿入歌で歌手デビューさせてもらったので、一番思い入れがありますし。さらに、親しか分からない、おじいちゃんにしか分からないような心の機微も描かれていたじゃないですか『ニンニンジャー』は。三世代で見られる、それぞれの気持ちで見ることができる、ここ最近の中では唯一の作品だと思いますね。だからこそ(伊賀崎)天晴も、単純、熱血タイプで、ちょっと昭和っぽい主人公みたいだなって。『寅さん』もそうですけど、昭和の主人公はわかりやすいじゃないですか。

No image

出口どっか抜けているんだよね、ちょっと三枚目というか、お調子者というか(笑)。そのひょうきんさみたいなのがいいし、バシッと決めてくれるとこは決めてくれるから、頼りがいがあるし。たしかに『ニンニンジャー』はすごく、どの世代が見ても面白い。俺はまだ独身だけど『ニンニンジャー』の中で、オヤジの記憶が戻る回で、夢を諦めなくてはいけなかったというお話があったけど、あそこなんか俺はもう泣いていたもの(笑)。

宮島ああ! わかります、私もそうです。天晴たちの気持ちも分かるし、年齢的に親世代の気持ちにも近しいものを感じるので。一つ前の『烈車戦隊トッキュウジャー』(14年)が子ども向けだったので、その違いも大きかったのかなと思うんですけど。

出口ああ、それは大きいかも。『トッキュウジャー』は、序盤は全然ハマれなくて。俺は長男で下に妹とか弟がいて、「お兄ちゃんなんだからしっかりしなさい」って言われていたから、小さいころから格好良いお兄さんとかお姉さんに憧れがあって、ヒーローが好きになったの。だから今でも「こいつ、格好いいな!」という憧れからキャラを好きになったりするんだけど、『トッキュウジャー』だけは格好いいなと思えなくて。

宮島ハハハ。でもまぁ、彼らは実は子ども、という設定でしたからね。

出口そうそう、だからなんでこいつらルックスに反して、こんなに言っていることが子どもっぽいんだろうと思っていたら、実は本当に子どもだったというのがわかって、俺は一気に大好きになったの(笑)。

宮島それ結構、時間がかかっているじゃないですか(笑)。

出口ネタバレになっちゃうからアレだけど、とあるシーンで「うわぁ!」ってなってから一気に好きになって。なんで俺はちゃんと見ていなかったんだろうと思ったもの。

宮島うそ、ちゃんと見てくださいよ、私は『トッキュウジャー』、大好きです! まぁ私が子どもっぽいのかもしれませんけど(笑)。

でも私も昭和の戦隊が好きなのは同じ理由で、昭和のスーパー戦隊は演じていた役者の皆さんがある程度年齢がいっていましたよね。見ているこっちも、お兄さん、お姉さんとして見られる、守ってくれると感じられるので、昭和のほうがしっくりくるんです。今を否定するわけではないんですけど。

出口そこで、たとえばスポーツ選手とかで、憧れの存在はいなかったの?

宮島小学校5、6年の頃から現在に至るまで、元巨人の仁志(敏久)選手が私にとってのスーパースターです。野球は詳しくないんですけど、たまたまTVで野球の試合を見ていたとき、子どもながらに「あ、ここで打てたらいいんだろうな」とか「ここで走ったら格好いいんだろうな」と思うところで、たまたまなんでしょうけど、全部同じ選手がいいところで打つし走るし捕る。それが仁志選手だったんです。「わ、この人、格好いい!」と思って、ファンになって。そこから、曲から入って戦隊が好きになったように、選手から入って球団も、巨人も好きになって、野球も見るようになったので、仁志選手が横浜に移籍したときは、私も横浜に移籍して。仁志選手が引退してからは、私もプロ野球は引退気味ですね(笑)。

■カレーに釣られて罠にはまる……そんなキレンジャーがいてもいい

出口ヒーローの話に戻るけど、比べてどうこうじゃなく単純に特徴として平成ライダーは主人公が悩む。脚本の井上敏樹先生も、「今の時代、00年代以降というのはヒーローをヒーローとして書ける時代じゃない、書きづらい時代になってきている」と言っていたけど。

宮島ヒーローも人間である、という表現ですね。

出口それがライダーの面白さであり深さだし、世相、今の時代と寄り添っているヒーロー。それはそれでもちろんいいし、面白さの方向が違うけど、「頼む! 助けて!」と言ったら来てくれて、「頑張れ!」と言ったら期待に応えてくれるのがスーパー戦隊。自分が辛くなったとき、頑張らなきゃなと思っているときに、「頑張れ」って言ってくれるのが、いいなとも思うんだよね。

宮島そうですね。たから「戦隊の良さって何ですか?」と聞かれたときに、私は、「子ども向けだけど、子どもだましではない」と答えています。ライダーと戦隊だったら、戦隊のほうが1~2歳早くから見るじゃないですか。次にライダーにいって、という年齢的な順番があると思うんですよ。だから子ども向けを意識しているからかストーリーはより分かりやすいし、勧善懲悪がハッキリしている。でもよく見ると、大人の目線で見ていても楽しめるという部分を捨てていない……このバランスがスーパー戦隊はすごくいいんですよね。

出口たしかにね。自我が芽生え始めた小さな子どもに向けて、「正しく生きるとは何か」みたいなところを、説教臭くならないまま、こういう人になりたいなって、子どもが自発的に思えるような展開・構成にきちんとなっているというか。

ライダーも、きちんと生きようとするから悩むわけだけど、たとえば『ゴレンジャー』はヒーローが5人もいて性格がバラバラで、その中にはキレンジャーみたいなやつもいるわけで(笑)。

No image

宮島カレーを食べてて罠にはまるってありえます!? たしか、敵に呼ばれた先で、パッとカレーが置いてあるのを見て「カレーじゃ」「食べてもいいかのう」なんていって、罠にまんまとはまってしまう(笑)。そんなの子どもでも分かることなのに、引っかかる人がいるのかって思うけど、キレンジャーは引っかかるんですよ!

一同笑

宮島でも最終的には活躍して、「お前はさすがだな」なんていわれて終わる。あれは勇気がもらえますよ。失敗してもいいんだ、って思えますもの。

出口アカやアオに憧れることも否定してないから。正しく格好良く生きなきゃいけない、という押しつけになっていないし、違う人が集まるからチームになっているんだっていう。相手への思いやりとかを学べるっていう仕組みになっているよね。

宮島情操教育としてはベストだと思います、私。自分が親だったらと思うと、普通に教科書ぐらいの価値はあると思います。あとは恋愛要素を盛り込んだ『ジェットマン』も、衝撃的でしたね。

出口ええ~ってなりましたよね。でもあれ、子どもの頃見ていたときは恋愛のゴタゴタは分からなくても、グレイだったりとか敵幹部に格好良さを見出したりとか。子どもは視野が広いから何でも見ているし、面白さの本質を突くのも鋭いし。

宮島そうですね。それに加えて女の子のキャラクターも今は必ず入ってくるし、女の子が活躍する回では、ちゃんと女性が共感できるシーンがちゃんと描かれているんですよ。今も昔もグループの中に女性が2人いると基本仲はいいし、お互い好きなんだけど、どうしてもやきもち焼いたりとか、負けたくないって思ったり……と複雑な感じになりやすい。意外とそういうところがちゃんと描かれているんですよ。

『トッキュウジャー』だったら、カグラ(泉神楽)がミオ(夏目美緒)ちゃんにベッタリしたいけどできない――みたいな。でも最後は2人で一緒に戦ったりしますよね。ああいうシーンを見て女の子は、自分と友だちの関係を投影したりするんです。恥ずかしくていえなかったけど、友だちに「大好きっていっていいんだ!」と思わせてくれるんです。

出口へぇ~。それは気づかなかった……というか、女性だからこそ気づく部分なんだろうな。

宮島皆でワイワイ雑談しているシーンなんかもリアルですよ。ここは分裂してこっちに付く、ここは結託していこうとか、そういう部分はかなり細かいです。

出口やっぱ実際、そういうことがあるんですか?

宮島(声を潜めて)ありますよぉ、それは。やっぱそういうところありますよ。でもそれぐらいスーパー戦隊では、女の子もヒーローと同じくらいしっかりと描かれているんです。結構、戦隊の中の女の子が自分と近いかどうか、好きになれるかどうか。そういうのもその作品が好きになれるかどうかの基準としてあると思います。見た目、髪型とかもありますよ、「ちょっとベリーショートすぎてダメだな」みたいな(笑)。

出口ああ、ファッションが攻めすぎていて共感できない、という人がいたなぁ。

■1話目から“地球を守る目”をしていた『ジュウオウジャー』!

宮島ちなみに、男性から見て女性キャラって、足手まといだなって思うものですか?

出口う~ん……でもすごく弱く描かれることってあまりなくない? 影が薄いときはあるけど。逆に『ジェットマン』の香とかはもともと財閥のお嬢様で、戦ったこともないのに、『ジェットマン』になったときは率先して特訓しているし、ものすごく努力するし、芯が強さを感じられたり、印象に残っていることが多いかな。あと、『ゴーグルファイブ』の桃園ミキがめちゃくちゃ可愛いとか。

宮島可愛いですよね、すごくきれいだし! もちろん歴代の方はみんな、個性的で可愛いんですけど。

出口今の『動物戦隊ジュウオウジャー』(16年~)に出ている方たちもいいよね、これまでの戦隊のいいとこ取りみたいになっていて。女性メンバーも気の強いキャラも、ふわっとしたキャラもいて。

宮島ああ、バランスがいいですよね。ちなみにレッド役の中尾(暢樹)くんはうちの事務所なんですよ。

出口ああ、それはもっと押さないと(笑)。

宮島中尾くんに初めて会ったのはプレミア発表会のときだったんですけど、その時はまだ「次のレッドか~なるほど。滑舌いいなぁ、良し良し」なんて思ったぐらいだったんです。でも1話目を見たら、中尾くんが初回からちゃんと“地球を守る目”をしているなと思って。

一同笑

出口さて最後のお題なんだけども、宮島さんは、戦隊で教えられたこと、覚えたことで、今でも役に立っていることとかあったりします? もちろん一番は「好きだ! 好きだ!」といい続けてきて、劇中歌を歌うようにまでなったのは、その一つだと思うんけど。

宮島私は一人っ子で、友だちもそれほど多くないほうで、皆とワイワイやるよりも、家で一人で本をずっと読んでいるような子で。だから、戦隊からチームで一つの目標に向かっていく、チームの誰かに何かがあったときは必ず皆で助けるといったことの大事さを教わりましたね。また、大人になって仕事をするようになると、支えてくれる人、たくさんの応援があってこそということが分かってきたんです。そこで感謝の気持ちを持てたのは、『ゴレンジャー』、スーパー戦隊を見てきたからこそだと思っていますす。

だから基本的にはこれからの人生、全てもう“恩返し”しかない人生だと思っています。おこがましいかもしれませんけど、お世話になってきた人たち一人一人に、目に見える形でもって恩返ししてきたい。こういう思い、気持ちは、多分以前からあったんだと思うんですけど、それをこうやって口に出来るようになったのが、スーパー戦隊を見返したおかげですね、恥ずかしくないですもん、気持ちを周囲に伝えることが。……あれ、何か質問と違っていますかね?

No image

出口いや、すげえいいお話だなと思って。

宮島いやっ、いいお話とかいわないでくださいよ! 恥かしいんで!! でも、そういうのをいえるようになったんですよ。これまでは感謝の前に、すぐ「すいません」って誤っちゃうタイプだったんですよ。でも「ありがたい」と思うように、「頑張るから応援してください!」といえるようになったのは戦隊を見直したおかげですね。

出口いいお話なんだから東映のほうにとっておいたほうが良かったんじゃない? ここで話して大丈夫(笑)?

宮島……ここの部分、東映さんに持っていってもいいですか?(笑) でも、全く同じじゃないですけど、色んなところでしているお話ですから。あと小中学生ぐらいの頃って、一生懸命やるのが恥かしいみたいな時期があるじゃないですか。でもそれって、ちゃんと自分の中に戦隊があれば、そういうのって防げるんじゃないかなって。

出口ちょっと手を抜いてるようなキャラでも、必ず裏でやっているからね。

宮島裏で泣いていたり。やっぱね神命明の、バリブルーン号が殉職したあそこが……いつもクールなんだけど、実は熱い思いを持っていて……(鼻息荒く)本当にもう、心が破裂しそうです……!

出口素晴らしいと思います(笑)。でもいつも話しているときと全然違うテンションだったから、俺はちょっと今ビックリしているけれど。

宮島うそうそ、本当ですか!? 大丈夫ですか!?

出口いや、でもいいお話がちゃんとできましたから。

No image

(興奮のあまりか、宮島さんが握り締めていた「忍者一番刀」から“ニンジャ一閃!”が急に鳴る)

出口うるさいよ(笑)。でもこういうお話ができてよかったし、いいオチになった気もします。今日はありがとうござました。

宮島ありがとうございました!

■宮島咲良オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/miyajima-sakura/

・コロムビア「手裏剣戦隊ニンニンジャー全曲集 忍ばず歌の完結盤」ページ
http://columbia.jp/prod-info/COCX-39430-1/

・ED曲を歌うTVアニメ『くつだる。』公式サイト
http://www.nhk.or.jp/anime/kutsudaru/

■モノブライト公式サイト
http://www.monobright.jp/

・自主企画ライブ『Rumble In Brighton Vol.1 ~新春夜の最前線編~』を開催!
2017年1月29日(日)@渋谷CLUB QUATTRO
OPEN/START 17:30/18:00 TICKET 全立見 ¥3,500(D代別)
ゲストアーティスト:ベッド・イン、カルメラ、オワリカラ

・『下北沢にて’16』参加決定!
http://www.shimokita-nite.net/
2016年12月3日(土)
開場11:00/開演12:00

<モノブライト出演時間・会場>
出演時間:15:00~
会場:MOSAiC(http://www.studio-museum.com/mosaic/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
成宮寛貴コカイン使用疑惑に続報 少なくない「服装のほうが気になる」の声
再び...「フライデー」が成宮寛貴コカイン疑惑の詳報、具体的すぎる描写
成宮寛貴、芸能界引退に「オレンジデイズ」北川悦吏子がコメント
成宮寛貴が電撃引退「消えてなくなりたい」全文コメ
マイクの存在を忘れて「中に出してないよね?」 人気生主が生配信中にSEXして“丸刈り謝罪”

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加