ドッペルギャンガー、「俺専用ガレージ」をバージョンアップ...10秒でピットイン

ドッペルギャンガー、「俺専用ガレージ」をバージョンアップ...10秒でピットイン

  • レスポンス
  • 更新日:2017/11/25
No image

バイカーやサイクリストが抱く、“俺専用ガレージ”の夢を叶える

もっと画像を見る
ビーズは、同社自転車ブランド「ドッペルギャンガー」より、「俺専用ガレージ」の新製品「ストレージバイクシェルター2」を11月22日より発売した。

ドッペルギャンガーは、2015年に初代「ストレージバイクシェルター」を、2017年には「ストレージバイクガレージ」を発売し、自動二輪車・自転車用簡易ガレージのラインアップを充実。 中でも初代「ストレージバイクシェルター」は、耐水圧2500mmの650Dポリエステル生地にPUコーティングを施した高い防水性や、フレームに配された盗難防止用ロック取り付け機能、停車後すぐにバイクを格納できる扇型構造で多くのユーザーから支持を獲得してきた。

新製品はストレージバイクシェルターの進化版。バイク停車後、立ったままさっとシェルターを開け閉めできるよう、開閉用ハンドルを左右と中央の計3か所に配置することで、 かがむ、立ち上がるといった動作を不要とした。また、夜間にバイクを格納する際、停車する位置やアンダープレートの場所を確認しやすいよう、フレームをレッドカラーに着色し、製品内部の視認性を向上。両サイドのベンチレーションもサイズをより10%アップさせ、通気性を高めた。

サイズはスクーターやネイキッドバイクをコンパクトに保管できるMサイズ(奥行270×間口105×高さ156cm)と、パニアを装備するアドベンチャーをはじめ、アメリカンバイクの保管にも対応するLサイズ(奥行345×間口137×高さ196cm)の2サイズを用意。価格(税別)はMサイズが2万7000円、Lサイズが3万5000円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あの「リッツ」そっくりの商品が店頭に並び始めたワケ
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
ソフトバンクを蝕む危機...有利子負債が15兆円に、削減計画が破綻
酒屋配達員が見た! つぶれる飲食店の意外な特徴
ユニクロが未払い賃金を負担するのは世界の常識だ――インドネシアの下請け工場倒産
  • このエントリーをはてなブックマークに追加