ボストン・ダイナミクスを超えるか!?中国からリアルな犬型ロボット「Laikago」が登場

ボストン・ダイナミクスを超えるか!?中国からリアルな犬型ロボット「Laikago」が登場

  • Techable
  • 更新日:2017/11/12
No image

本物みたいに、しなやかで敏捷な動き。ボストン・ダイナミクス社のリアルな動物型ロボットは、世の中をあっと言わせた。近年の常識となった2足・4足歩行ロボの常識。可能な限り実物に近づけるという風潮は、同社製品の登場からさらに加速したと言っても、過言ではないだろう。

そんなリアルロボ群の中から、今回ご紹介するのは、中国のスタートアップが開発したプロダクト。12のモーターを持つ、電動犬型ロボット「Laikago」だ。

・頑丈かつ最強のバランス力

No image

最大出力18キロワット、ボディは6DOF。力を入れてねじっても、ちゃんと元の位置に戻るようになっている。歩行の際は前後左右、上下を軸に稼働。芝生や草地の歩行も、思いのまま。20度の傾斜角度だって、楽々登って行く。

衝撃にも強い。蹴られても、バランスを保てるように設計されている。12個のモーターは、熱管理機能を装備。本体の過剰なヒートアップを防止する。

・デベロッパーを対象に予約注文受け付け中

No image

起動は、背面のボタンから。充電用のバッテリーは、おそらく別売になる。一般販売は未定で、現在はデベロッパー向けに予約注文を呼びかけながら、協賛企業を募集しているところだ。ボストン・ダイナミクスがソフトバンクの傘下に入ったように、うまく提携先を見つけられるか。今後の動きにも、注目したい。

Laikago

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ディープラーニングのすごさを体験! 人工知能で画像を加工できるツール5選
日本でも廃止 Amazonの容量無制限ストレージ
ソフトウェアの複雑さを「意図指向プログラミング」で管理する
ネットワークカメラから誰かが覗いている
4K画質&360°空間音声!『THETA V』は全方位に死角なしの優良モデル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加