コウチ後任に“パプ”を検討

コウチ後任に“パプ”を検討

  • スポルト
  • 更新日:2018/01/11
No image

アレハンドロ・ゴメス

フィリペ・コウチーニョの後任となる選手をリバプールは探し続けている。ユルゲン・クロップにとってコウチーニョの消失は大きな痛手であり、代わりとなる選手を求めている。

コウチーニョの後任としてはレスターシティMFリヤド・マフレズの名が挙がっていたが、これはただの噂に始終した。現在最もリバプール移籍に近いと言われているのが、“パプ”ことアレハンドロ・ゴメスである。

『Daily Mirror』紙によれば、クロップ監督は同選手を今冬の移籍シーズンで獲得する意欲だそうだ。フィルジル・ファン・ダイクの移籍に移籍金を投じたリバプールだが、まだまだ豊潤な資金が残っている。

またイタリアのメディアもリバプールのパプへの関心をニュースにしている。アタランタの快調はパプを売却しない旨を公言しているが、29歳のパプにとっては環境を変えたいと願っている可能性がある。パプは今シーズンアタランタで計25試合に出場しており、7ゴール8アシストを決めている。

その他、数多くの選手がコウチーニョの後任候補に挙がっており、ユルゲン・クロップ監督は最終的にどの選手を選ぶのか、今後に注目したい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
美人モデルランナーも完走!西谷綾子「天気もよくて、思い切って走れました」
代表復帰へ猛アピール! パチューカ本田圭佑、「アシストランキング」で1位タイ浮上
井手口が念願の欧州デビューも...チームは接戦を落として降格圏が眼前に
川島永嗣が一発退場...メスは昨季王者モナコに挑むも6試合ぶりの黒星に
張本氏は問題発言連発!?関口宏がズバリ指摘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加