米国が1・2位独占 チェプコエチ道間違えメダル逃す 女子3000障害

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/13

◇陸上世界選手権第9日 女子3000メートル障害(2017年8月12日 英ロンドン・ロンドン競技場)

史上初めて米国勢によるワンツー・フィニッシュ(コバーン、フレリクス)となったが、スタート直後にハプニング。カーブの内側に設置されている水壕(すいごう)に最初に差しかかったとき、先頭を走っていたケニアのチェプコエチがそのままトラック内を駆け抜けてしまった。チェプコエチは後続の選手が水壕を跳び越えるのを見てすぐに引き返してコースに戻ったがタイムを大幅にロス。結局、3位に6秒遅れとなってメダルを逃してしまった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
内田篤人、独2部ウニオン・ベルリン移籍が決定!「ワクワクしている」
「アツトに心からの感謝を」内田篤人、7年過ごしたシャルケに別れ
内田篤人、独2部ウニオン・ベルリン移籍が決定! 1年契約で背番号は2
「愚かな行為だった...」ゴールパフォで大怪我のアタッカーが“悲劇”の瞬間を振り返る
内田ドイツ2部ウニオン移籍、決め手はケラー監督
  • このエントリーをはてなブックマークに追加