【愛知杯】エテルナ 8度目挑戦で重賞初V ゲート練習実った

【愛知杯】エテルナ 8度目挑戦で重賞初V ゲート練習実った

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/14

13日、中京競馬場で行われた古馬牝馬重賞「第55回愛知杯」は6番人気のエテルナミノルが好位から抜け出し、8度目の重賞挑戦で初Vを飾った。

No image

中京11R・愛知杯、好位から抜け出したエテルナミノル(右)が重賞初制覇

四位を背に課題だったゲートをスッと出て、好位の外で悠々と運ぶ。直線で追い出すと馬場の真ん中を力強く突き抜け勝負を決めた。鞍上は「ハンデ戦ということもあって好位で進めた。厩舎が一丸となってゲート練習をしてくれたみたいで、ゲートの中でも落ち着いていた。しっかりと流れに乗れたのが大きかったです」と笑顔を見せた。

愛馬の重賞初Vに本田師は「前走(5着)も出遅れがなければ勝ち負けだった。中間、ゲート練習したのが実った。中距離で持つのも分かったし、馬もしっかりしてきた。この後は少し間を空けようと思ってます」と話した。春の目標はヴィクトリアM(5月13日、東京)。古馬牝馬路線に楽しみな馬が現れた。

◆エテルナミノル 父エンパイアメーカー 母ダイワジェラート(母の父フジキセキ)牝5歳 栗東・本田厩舎所属 馬主・吉岡實氏 生産者・北海道新ひだか町フジワラファーム 戦績19戦6勝 総獲得賞金1億3106万6000円。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
獣医さんもがんばったけど動物たちもがんばった。精魂尽き果てた感のある動物病院帰りの動物たちの表情
行方不明の田中蓮ちゃんか 福井・九頭竜川で遺体
「白戸家」竹内涼真の履歴書がヤバイ 記載された番号に電話をかけたところ...
【寒波】最後にもう1度だけ言うけど、来週  “とんでもないこと” が起こります / 月曜が合図で、そのあと終わりが来ます
クロちゃんの連日の”嘘ツイート”疑惑、ついに医師にまで疑われてしまう事態に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加