ロジクール、ランナーのために設計された完全ワイヤレスのイヤホン「Jaybird RUN」を発売

ロジクール、ランナーのために設計された完全ワイヤレスのイヤホン「Jaybird RUN」を発売

  • MdN
  • 更新日:2017/09/15
No image

「Jaybird RUN TRUE WIRELESS SPORT HEADPHONES」(ブラック)のイメージ

株式会社ロジクールは、左右がケーブルでつながれていない完全ワイヤレスタイプのイヤホン「Jaybird RUN TRUE WIRELESS SPORT HEADPHONES」を、2017年9月25日(月)に発売する。スポーツイヤホンブランド「Jaybird」の新製品で、ランナーのために設計されたモデル。ケーブルがないため、煩わしさを感じずにランニング中の音楽を楽しむことができ、二重の疎水性ナノコーティングで防汗と耐水が実現されている。カラーバリエーションはブラックとホワイトの2色で、参考価格は各2万5880円(税抜)。

本製品は、Bluetooth 4.1接続およびHFP / HSP / A2DPプロファイルに対応したカナル型イヤホンだ。交換可能なチップとフィンで、あらゆる耳のサイズに対応する高いフィット感が実現された。6mmドライバーを搭載し、周波数特性は20Hz〜20kHz。「Jaybirdアプリ」を用いることにより、低音域から高音域までを自由にカスタマイズして、イヤホン本体にサウンドのプロファイルを保存できる。製品には、フル充電2回分のバッテリーをスタイリッシュに持ち運べる充電ケースが付属。本体のバッテリーと充電ケースの合計で、最大12時間の連続再生が可能となっている。本体サイズは14.3(幅)×19.5(高さ)×19(奥行)mmで、重量は6.83g。

なお、同社ではケーブルの取り扱いが便利なBluetoothイヤホン「Jaybird FREEDOM 2 WIRELESS SPORT HEADPHONES」も同時発売する。こちらは左右をつなぐケーブルはあるが、その長さをイヤホン装着したままで簡単に調節することが可能だ。短くする際にはコードクリップ、長くするにはコードの端を引くだけでOK。カラーバリエーションはゴールドとブラックの2色で、連続再生時間はイヤホン本体4時間+チャージングクリップ4時間の計8時間となる。本体サイズは23.4(幅)×22.4(高さ)×6.2(奥行)mm、イヤーフィンとチップを除く重量は15.15gで、参考価格は各1万9880円。

No image

「Jaybird RUN」本体(ブラック)

No image

「Jaybird RUN」本体(ホワイト)

No image

「Jaybird RUN」を充電ケースへ収納したところ。左は付属の持ち運び用ポーチ

No image

同時発売の「Jaybird FREEDOM 2 WIRELESS SPORT HEADPHONES」(ゴールド)のイメージ

株式会社ロジクール
問い合わせ:050-3786-2085
価格:オープン
URL:http://www.logicool.co.jp/
2017/09/15

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Googleお役立ちテクニック - Inbox by Googleを使う
任天堂、「ゼルダの伝説」「スプラトゥーン2」のiPhoneケースを発売
いざという時に使えないAEDをなくせ!人の命をIoTで救う努力が始まった
選んだ音楽からいまの気分をわかってくれるAIつきスピーカー / デザインの美しさにも注目
ソニーやパナソニックが「スマートスピーカー」の開発に注力する理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加