最新ランキングをチェックしよう
「ノートルダム火災」報道に違和感:神がフランス人だった時代

「ノートルダム火災」報道に違和感:神がフランス人だった時代

  • アゴラ
  • 更新日:2019/04/21

フランスは欧州の代表的なカトリック教国だ。そのフランスの首都パリ中心部にあるノートルダム大聖堂から15日午後6時過ぎ、火災が発生し、大聖堂の屋根が崩壊し、尖塔が崩れ落ちた。ノートルダム大聖堂の火災状況は世界にライブで放映され、それを観た人々から大聖堂の再建を支援する声が出てきた。フランスの富豪たちから巨額の復興資金が献金されるなど、大きな反響を呼んでいる。
フランス内務省ツイッターより:編集部

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
頂上にこの行列... エベレストでさらに4人死亡、混み合う「死のゾーン」
再選挙”強行”でイスタンブールを守るエルドアン大統領
トランプ大統領のための階段が話題 大相撲観戦、表彰式で使用
衝撃映像!高度5300メートルで機長が外に投げ出され......乗客乗員の運命は!?
ナチス台頭を招いたワイマール共和国の「福祉政策」失敗の本質
  • このエントリーをはてなブックマークに追加