宮家に招かれたみたい。優雅なアール・デコの洋館で、アートと庭園の美しさにうっとり。目黒「東京都庭園美術館」

宮家に招かれたみたい。優雅なアール・デコの洋館で、アートと庭園の美しさにうっとり。目黒「東京都庭園美術館」

  • OZmall(オズモール)
  • 更新日:2019/08/03

1933年(昭和8年)に建てられたアール・デコ様式の朝香宮(あさかのみや)邸を、美術館として使用している東京都庭園美術館。邸宅内の装飾やコレクションも宮家にまつわるものやアール・デコの名品が多く、建物は歴史的建造物として国の重要文化財に指定されているほど。手入れの行き届いた美しい庭園を眺めながら、レストランやカフェでくつろぐのも楽しみのひとつ。宮家にお呼ばれした気分で過ごしたい。建物自体が美術品。

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加