4100mAhバッテリー&デュアルカメラ搭載のZenFone 4のエントリー機登場

4100mAhバッテリー&デュアルカメラ搭載のZenFone 4のエントリー機登場

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/12/05

ASUS JAPANは、ZenFone 4シリーズのエントリーモデルとなるSIMフリースマホ「ZenFone 4 Max(ZC520KL)」を発表。12月8日に発売する。予想実売価格は税抜2万4800円。

No image

2万円台前半でもデュアルレンズカメラ! 5.2型の「ZenFone 4 Max」発売

No image

ZenFone 4 Maxは、“Max”の製品名と価格からもわかるとおりに4100mAhという大容量バッテリーを搭載するZenFone 4シリーズ内のエントリーモデル。とはいえ、同シリーズ共通の特徴であるデュアルレンズカメラをリアに搭載。画素数は13メガ+5メガで後者は120度広角レンズを採用している。インカメラは800万画素。

そのほかのスペックは、HD解像度(720×1280ドット)の5.2型IPS液晶、Snapdragon 430(1.4GHz、オクタコア)、3GBメモリー、32GBストレージ、指紋センサー、Android 7.1.1など。ネットワーク面ではauとY!mobileのVoLTEに対応予定のほか、4G+3GのデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)が利用可能。また、2枚のnanoSIMとは別にmicroSDカードが利用できる点も大きなメリットとなる。

AndroidスマホのUSB端子に接続する 税抜1万3800円の360度カメラもリリース!

また、同社からはAndroidスマホのUSB端子(アダプターの変更でmicroUSB/Type-Cに両対応)に直接接続する360度カメラ「ASUS 360° Camera」も発表された。12月中旬以降の発売予定で、予想実売価格は税抜1万3800円。

No image

直径約41mm、重量約35gという小型軽量筐体が特徴で、カメラは500万画素×2。静止画で4096×2048ドット、動画で最大2048×1024ドット(24fps)となっている。本体をAndroid 5.0以降のスマホに接続し、Playストアから専用アプリをインストールだけで簡単撮影できる。撮影データはSNSを通じてライブ配信したり、VRゴーグルで見ることなどが可能。

■関連サイト

ASUS JAPAN

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ギフトに最適!色々な情報がひと目でわかるデジタル置時計
カーン・デザイン、6輪駆動でソフトトップ仕様の「フライング・ハンツマン」を発表!
50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
「家電批評」デスクが選ぶベストバイデジモノは、“じゃないほう”のスマートウォッチ!【自慢の家電ランキング】
あと3年で、日本の自動車メーカー等の「品質」は世界で通用しなくなるかもしれない
  • このエントリーをはてなブックマークに追加