カンポスは被弾&制球難 日本のマウンドに苦戦か「かなり気になる」

カンポスは被弾&制球難 日本のマウンドに苦戦か「かなり気になる」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/02/13
No image

打撃投手を務めるカンポス(撮影・吉澤敬太)

「広島春季キャンプ」(13日、日南)

広島の新外国人レオネル・カンポス投手(前ブルージェイズ)が初めてフリー打撃に登板。バティスタとメヒアに計26球を投げ、メヒアには左越えソロを被弾。ボール球も14球を数えた。

防球ネットが倒れるほどの強風により、体感温度はかなり低かった。悪条件も重なったが、日本特有の柔らかいマウンドに対応できなかったことが次への課題だ。「かなり気になる。全体的に柔らかいと聞いているが、ブルペンもそうだし、いろんな球場もそうだと思う。慣れていきたい」

マウンドに苦労した一方で、肩は仕上がりつつある。「状態は良いよ」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2月18日(日)【 神々の子育て占い 】
大谷とDH併用のプホルスが7キロ減量
【野球】カープ中村祐 6番目の先発の座に鬼気迫る表情
オリの応援キャラクター「バファローズポンタ」がキャンプ地訪問
【MLB】大谷翔平へ広がる驚き 懐疑的な見方に変化「歴代最高の選手になる可能性も」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加