Billboard JAPAN HOT 100(6/22公開)、BTS「Yet To Come(The Most Beautiful Moment)」ストリーミング1位で総合首位獲得

Billboard JAPAN HOT 100(6/22公開)、BTS「Yet To Come(The Most Beautiful Moment)」ストリーミング1位で総合首位獲得

  • Musicman | 音楽業界総合情報サイト
  • 更新日:2022/06/23

2022年6月22日公開(集計期間:2022年6月13日〜2022年6月19日)のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN HOT 100”で、BTSの「Yet To Come(The Most Beautiful Moment)」が総合首位を獲得した。

前週総合5位に初登場した「Yet To Come(The Most Beautiful Moment)」は、当週12,435,525再生をマークしてストリーミング1位、動画再生3位、ダウンロード6位、ラジオ2位、Twitter 37位と、大きくポイントを伸ばし、総合首位にジャンプアップした。“JAPAN HOT ALBUMS”、米国ビルボードの“Billboard 200”でもアルバム「Proof」が総合首位と、アルバム、ソング共に世界レベルの実力を見せつけた。

前週2位のSEKAI NO OWARI「Habit」は、BTSと同じくストリーミングで1,000万回超えを果たし、約80万回再生数を増加させストリーミング2位となった。他指標でも、4週連続での動画1位、ダウンロードも前週6位から当週4位など、好調を維持し、2週連続で総合2位につけた。前週9位に初登場したAdoの「新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」は、ストリーミング、動画再生、ラジオ指標のポイントを伸ばし、総合6位にランクアップ。なかでも、ポイント増をけん引した3指標のうち、ストリーミングは前週28位から7位、動画再生は26位から5位と、大きく順位を上げていて、こちらも訴求力を維持している。

【JAPAN HOT 100】トップ10

1位[5]「Yet To Come(The Most Beautiful Moment)」BTS(-・8,430DL・12,435,525再生)
2位[2]「Habit」SEKAI NO OWARI(-・9,098DL・10,028,348再生)
3位[3]「ミックスナッツ」Official髭男dism(-・11,109DL・9,864,438再生)
4位[-]「LOSER」NEWS(131,388枚・-・-)
5位[-]「Perfect」OCTPATH(90,877枚・-・-)
6位[9]「新時代(ウタ from ONE PIECE FILM RED)」Ado(-・11,793DL・5,849,160再生)
7位[7]「W/X/Y」Tani Yuuki(-・2,735DL・8,343,734 再生)
8位[8]「シンデレラボーイ」Saucy Dog(-・-・6,772,568再生)
9位[6]「M八七」米津玄師(1,757枚・7,071DL・4,050,175再生)
10位[10]「ベテルギウス」優里(-・1,627DL・5,877,726再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加