BC神奈川・川村丈夫新監督が就任会見、目標は「権藤監督」「優勝あるのみ」...背番号は「16」

BC神奈川・川村丈夫新監督が就任会見、目標は「権藤監督」「優勝あるのみ」...背番号は「16」

  • スポーツ報知
  • 更新日:2021/11/25
No image

独立リーグルートインBCリーグの神奈川県民球団「神奈川フューチャードリームス」・川村丈夫新監督(49)が25日、神奈川・藤沢市内で就任会見を行った。

川村新監督は今季、DeNAの1軍投手コーチを務めていたが、DeNAから派遣される形でBC神奈川の監督に就任。チーム創設から今季までの2年間は、DeNAの新コーチに就任した鈴木尚典氏(49)が監督を務めていた。新指揮官は「目標はひとつ、優勝あるのみです。チームが勝つために選手が何が出来るか追求すると選手の力もついてくる」と意気込みを口にした。

背番号は「1番なじみのあるというか、思い入れのある数字」と、現役時代と同じ「16」を希望。理想にする監督には1998年に優勝したときの権藤監督の名前を挙げ「権藤さんの勝負勘、勝負強さ、人選は見習いたい。人を見る目は秀でた監督。そうなれたらいいなと漠然と考えています」と話した。

川村新監督は、地元の神奈川県出身。県立の厚木高から立大、日本石油を経て1996年ドラフト1位で横浜(現DeNA)入りした。チームが日本一になった98年には26登板で8勝6敗、防御率3・32。2000年には17勝を挙げた。プロ通算12年間で368試合に登板し、71勝64敗4セーブ、防御率3・72だった。

引退後の09年からはスコアラーや球団職員などを挟みながら、09、11~15、18~21年に投手コーチを務めていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加