児童ポルノ容疑の元レアルDFが自白 297点を所持か

児童ポルノ容疑の元レアルDFが自白 297点を所持か

  • Qoly
  • 更新日:2020/09/15
No image

かつてドルトムントやレアル・マドリーなどでプレーした元ドイツ代表DFクリストフ・メッツェルダー。

2014年に引退した彼は昨年、児童ポルノの容疑で当局の捜査を受けた。所持していた児童ポルノを女性たちに送ったとされている。

『Spiegel』によれば、メッツェルダーは捜査のなかで自白したとのこと。

当局側はメッツェルダーが子供や若年層のポルノコンテンツなど297点を所持していたと主張。昨年7~9月にWhatsAppを通じて、29の画像・ビデオファイルを3人の女性に送付したとされている。

ただ、行政裁判所は全ての罪を認めたのか、一部だけなのかについては明らかにしていないとも。

シャルケ時代のメッツェルダーはこんな人気者だったのだが(以下動画4分14秒~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

今となっては何ともいえない光景…。

【関連記事】日本でプレーした者も!10年前の「神童」50名、今はどうしている?

彼は2006年にドイツで行われた知的障がい者によるワールドカップで大使を務めたほか、子供や若者を支援する取り組みも行っていたとか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加