自然保護区にツル185羽の死骸 警察が捜査開始 ウクライナ

自然保護区にツル185羽の死骸 警察が捜査開始 ウクライナ

  • AFPBB News
  • 更新日:2021/01/13

ウクライナ南部アスカニア・ノバ自然保護区で見つかったクロヅルの死骸(2021年1月2日撮影)。

【AFP=時事】ウクライナ警察は11日、同国南部に位置する自然保護区で、国内で絶滅危惧種に指定されているクロヅル少なくとも185羽の死骸が見つかったことを受け、捜査を開始した。 アスカニア・ノバ自然保護区の職員によると、血を吐いて死んでいたツルもおり当初は鳥インフルエンザを疑ったが、確定されなかったと

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加