そこは迷宮のラビリンス。世界最大の竹でできた迷路「メゾン・ラビリンス」(イタリア)

そこは迷宮のラビリンス。世界最大の竹でできた迷路「メゾン・ラビリンス」(イタリア)

  • カラパイア
  • 更新日:2020/07/01

イタリア、パルマの小さな町フォンタネッラートには、世界最大の迷路「メゾン・ラビリンス」がある。
 出版者でデザイナー、美術品収集家、蔵書家でもあるフランコ・マリア・リッチが考案した竹の壁でできた迷路を持つ星形の巨大な庭園は、『伝奇集』で知られているアルゼンチンの作家ホルヘ・ルイス・ボルヘスとリッチの1977年の交流がきっかけだった。
 その時ボルヘスは人間の状態の暗喩ともいえる迷宮に魅せられていた

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加